40代

職場のおじさんたちが苦手で憂鬱です。

閲覧数332 回答返信数1 投稿日時2022.11.18 21:33

私は40代女性で、年配の男性ばかりの職場に勤務しています。平均年齢は54才です。やることやらず、プライドが高いだけのおじさんたちに辟易しています。

定年後再雇用制度で65歳まで勤め、契約期間満了で退職された男性がいました。この会社一筋、長く勤めた方ですが、非常に頑固でプライドが高く、プライドを傷つけないように常に気を使う必要がありました。

もうすぐ退職だから、と自分に言い聞かせ、日々我慢してやり過ごすようにしていました。

彼の最終出社日、彼に会いに来る人はほとんどおらず、社内でも不人気だったと想います。私は最後だからと、ねぎらいの言葉と笑顔で彼を見送りました。

数ヶ月たち、彼が個人事業主としてうちの職場の仕事を請け負う方向で話が進んでいることを知りました。暇だから仕事をしたいそうです。ショックでした。

この先が憂鬱です。お世辞にも仕事ができるとはいえない方で、彼が受け持っていた業務の負の遺産を沢山置いていかれ、私がその尻拭いをしている状態です。上司へのゴマすりは天下一品でした。

長々すみません。どこかに吐き出したかったです。

回答一覧

  • 投稿日時2022.11.29 16:38
    ミチコのアバター画像

    メンター ミチコ 50代 女性
    プロフィールを見る

    みさ様

    ご相談ありがとうございます

    お話の最後に「長々すみません、どこかに吐き出したかったのです」とあります。

    そうですね、そうですよね。
    仕事振りとプライドが反比例するおじさんたちには本当にもう堪りません。負の遺産も丸めて固めてそのおじさんの口に突っ込みたくなりますよね!
    どこにでもこんな人いるんですよね。

    ですが、みささんにとってはこれが日常なんですからなんとか楽しく働くことも考えないといけません。

    私ならどうやって負の遺産で楽しむかなと考えてみました。
    ・「こことここが合ってるとすると、こちらと矛盾するんですけど」等とやんわり間違いを指摘する
    ・その仕事の中で本当に必要な部分とおじさんの趣味的な部分とに分けてみる(そして無駄な事して1日過ごしてたんだなと、自分だけでこっそり笑う)

    しかし本気で楽しむなら。。

    負の遺産をコツコツ確認して
    不要なものは一旦保留、必要なものだけにします。そして必要な部分を一つ一つ片付けていきます。急ぐものがあれば優先順位をつけて行います。
    ある程度片付けができてきたら、簡単なマニュアルを作ります。でもマニュアルなんか要らないとみささんが判断なさるなら、マニュアルは不要ですよ。

    最終的にはおじさんの仕事を今度はみささん以外の人でも解るようにできたらと思います。1番最後に一旦保留にした不要な物を処分してはどうでしょうか。処分する時には上司のチェックを受けてからの方が良いと思います。

    と、ここ迄書いて全く的外れなことを私が回答していたらどうしようという気持ちになってきました。

    みささん、的外れならごめんなさい
    みささんはそんなおじさんたちの中でもきっちり仕事をしておられます。
    めちゃくちゃ頑張らなくてもいいです。
    適度に頑張ってください。

    そしてご自分を大切になさってくださいね

    続きを読む