30代

なぜ私ばかりと思ってしまう

閲覧数993 回答返信数1 投稿日時2022.2.14 12:36

仕事が好きで、子供はまだ、と思っていましたが、大好きな夫に子供を欲しいと言われ、仕事でチャンスがあったのを見送り妊活に進みまもなく娘を授かりました。現在育休中です。
もちろん自分で納得して、仕事のチャンスを見送り子供を持つことを決め、育休も自分が取ることを決めました。でも、ずっと家にいるのだから家事をするのが当然という態度、発言をされると嫌です。

また、コロナで妊娠中からかなり厳しく外出自粛を続けています。私は元々出かけるのが好きで、夫は休みの日は家にいたいと言うので、夫の為に自粛している、という気持ちがあります。
また夫は休日出勤をしますが代休を積極的には取りません。仕事が忙しく業務量をこなすのに休んでる暇が無い(から休めない)、疲れている(から出かけられない)と言われると、私は育休で仕事をしていない為反論できません。でも仕事をしていた経験から言うと事前に調整すれば休めるのでは、とか業務が時間内に終わらないなら上司に相談して調整してもらう、などできるのではと思って言ってしまいますが、嫌がられます。

タイトルのなぜ私ばかり…というのは、夫のために、私だけが仕事のチャンスを見送り育休を取り、私だけが家族で外に出かけたい気持ちを我慢し続けなければならないのか。ということです。

もう一つ付け加えると、仕事のチャンスか子供か、という話し合いの中で、夫に「ここで仕事をとったら、自分の首を絞めることになる」と言われたこともとても引っかかっています。つまり、ここで仕事を取って、年齢が上がり妊活が難しくなったときに大したチャンスじゃないのに子供より優先した事を後悔するだろう、という意味です。自分の仕事を軽く見られた気がして悲しかったです。そして、子供を持つと、仕事をセーブしなければならないのが心配と私が言うと、「もう自分のことだけ考えるより、子供を育てるという経験をしたい」と言っていました。
それなのに、自分は、定時に一時退社して子供の入浴の手伝いをしてもらっていますが、その一時退社について、仕事をセーブしなければならず家事負担が大きいと言っています。子育てで仕事をセーブしなければならないのは私だけで、自分には関係ないと思っていたのかと思い、とても腹が立ちます。

そのモヤモヤがあり、大好きなはずの夫に当たってしまう事があり悲しいです。

回答一覧

  • 投稿日時2022.3.30 13:17
    こんこんのアバター画像

    メンター こんこん 40代 女性
    プロフィールを見る

    Naoさん、こんにちは。
    回答が遅くなってすみません。

    Naoさんのお気持ち、すごくよく分かる!!!っと思ってしまいました。
    我が家には3人子供がいて、私は3回育休・復職をくり返しています。

    チャンスがあるような仕事ではないので、育休を取ることに抵抗はなかった(むしろ、休めてラッキー、育休ありがとう!くらいな気持ち)ので、そこはNaoさんと違うのですが、
    育休しているのだから家事やって当然という態度などは悲しくなってしまいますよね。


    私の場合は、家事を実際にやってもらうかどうかよりも、家事やって当然という"態度"が悲しいんだ!
    ということに私自身が気がつくまでに、随分時間を要しました。
    私が大泣きして喧嘩したり、たくさん言い合いもしました。

    旦那さんと話し合いや喧嘩をすることもいいなと思いますが、
    自分の気持ちをメモ帳にばーーーっと殴り書きするのも、私は良かったです。
    理想の夫像とかも書きました。笑
    で、冷静になった後で眺めると、私の理想の行動をしてくれる人なんていない、無理!
    というのが分かりまして。
    なんでしょう、なんでもやってもらえることが重要なのではなく、
    気持ち面で悲しかったんだなと気づけました。
    私は悲しいんだ!という気持ちを夫に伝えるのは勇気がいりましたね。
    悲しいを分かって欲しいのが一番で、
    謝罪とか、手伝いとかは本質ではないというか。
    もちろん手伝いもあったら嬉しいですが。

    私の場合は、一緒にやってる感が欲しかったんですよね。
    分かってくれてる感ともいうのか。
    なので、今では「結果として、会社休んだり子供を病院に連れて行くのは私でもいいけど、なんかそっちも会社の都合をつける努力をしてよね」みたいな趣旨のことを夫に伝えるようにしています。

    伝えるようにしたら、夫は夫で頑張ってる面もあるということも受け容れられるようにも(少しだけ)なれたかな、、、いや、まだまだかなぁ。


    あとは、たまに子供を夫に任せて、一人で喫茶店に行ったりもしますね。
    夫にやってもらってることがありがたい一方で、実際にやってもらっていると不思議なものでソワソワ落ち着かなかったりもします笑

    参考になるかわかりませんが、私の場合はこんな感じでした。
    続きを読む