20代

大事な人をほどどう接していいのかわからなくなります

閲覧数787 回答返信数1 投稿日時2022.1.20 8:05

家族でも友達でも恋人でも、大事にしたい人なのに傷ついたりするのが怖くて相手が何を考えるのかが怖くて当たり障りのない付き合いしかできません。
相手の顔色ばかり考えてしまい面白くない人間になってしまいます。
そんな自分がすごく嫌で悩んでいます。
完璧な人間はいないとわかっているのに中々本音を大事な人に伝えることができません。
いろいろ勝手に思い込んでしまってモヤモヤしてしまいます。
甘えることが昔から苦手で自分だけで解決しようとしてしまうのですがどうやってなおしていけばいいのでしょうか。

回答一覧

  • 投稿日時2022.1.20 17:48
    めへよのアバター画像

    メンター めへよ 30代 女性
    プロフィールを見る

    さやさん、こんにちは。
    投稿ありがとうありがとうございます。
    勝手ながら、とても感情移入しながら読ませてもらいました。

    大事な人ほど、失いたくないですよね。
    嫌われたくないし、
    「わ、そんなこと考えてたんだ」って思われたくないし。
    当たり障りのないことを言っておけば、
    少なくともそういうリスクは避けられますね。
    大事な人に本音を言って受け入れてもらえなかったら…考えるだけで怖くて震えます。

    しかし本音を言ったり甘えたりしないことで、相手を傷つけることもあります。

    さやさんが本音を言わない・甘えない
    →相手は、自分がさやさんから信頼されていないから、さやさんが心を開いてくれないと考える
    →相手は、自分では足りないんだと思って傷つく
    というパターンです。

    私としては関係を壊さないように気を遣っていたつもりだったのに、「甘えてくれない」という理由でフラれたこともあります。難しいですね。

    けれど逆に言えば、「本音を言ったり甘えたりすることで、大事な人を喜ばせることができるのかもしれない」ということです。
    いっそそれが相手のため、と思えば、相手のことを思う優しいさやさんならきっとできると思います。

    甘えることに関しては、できそうなことから少しずつ始めてみるのはいかがでしょうか。
    2つほど挙げてみます。

    ①相手からの援助の申し出を、断らない
    例:「荷物持とうか」と言われたら、「ありがとう」と言って持ってもらう
    (自分で持てる重さの荷物だとしても)

    ②相手がきっとできることで、負担の小さいことを頼む
    例:背の高い人に、高いところにあるものをとってもらう
    (踏み台を使えば自分で届く高さだったとしても)

    もし頼んで断られたとしても、
    「今はそういうタイミングじゃなかったんだな」程度に思っておくのが良さそうです。

    本音を言ったり甘えたりするって、とても勇気のいることですね。それでも少しずつ少しずつ、さやさんが前に進んでいけますように。
    続きを読む