20代

子供にバレエを習わせたい

閲覧数4473 回答返信数2 投稿日時2021.5.12 22:46

まだ子供はいませんが、個人的な将来の希望です。小さい頃、クラシックバレエを習いたいと親に言ったのですが、発表会に10万円かかるため習うことができず、大人になってダイエット目的も兼ねて習い始めました。また小学校の頃、校内放送で劇団四季のミュージカルを見てミュージカル俳優に憧れを持っていました。その当時ミュージカル俳優になりたいと思ったのですが、バレエを習っていると有利と知りとても悔しい思いをしました。もし将来子供が生まれたらバレエを習わせたい、欲を言えば自分の叶えられなかったバレリーナやミュージカル俳優の夢を叶えてほしい、もし叶えられなくても子供が習い事の舞台でイキイキと踊っている姿を見たいと思っています。ただ結婚相手は子供の将来の習い事の話になるとバレエを習わせることに難色を示します。やはり理由としては発表会など費用がかかること、運動よりも勉強に力を入れていい学校に行ってほしいとのことです。私は小さい頃から運動ができないことを親に叱られ続けたのですが、彼の親は運動について全く怒らず反対に小学校高学年からは毎日塾通いだったそうです。もちろん子供の意思で好きな道を選んだ方がいいとは思いますが、できれば娘にはバレエを習わせてスラッとした体型にしたいです。どうしたら結婚相手を説得できるでしょうか。また私ももっと年収の高い職業に変えた方がいいのでしょうか。また子供のバレエは練習も厳しいと思いますが、体験された方がいたら色々と教えて欲しいです。

回答一覧

  • 投稿日時2021.5.14 00:48
    せとかのアバター画像

    メンター せとか 60代 子供のころは美少年
    プロフィールを見る

    |ω・`)ノ もふさん、いらっしゃぃ!

    彼と、お子の将来について語り合っておられるのですか、素晴らしい!

    さて、今回はバレェについてですね。   私はですが…
    女子でも男子でも、バレェや日舞は習うに価値があると思っています。
    その後その子が身体表現として何かを選ぶとき、リズム感や体の動かし方が、その中に活きるという利点があるからです。
    例えばもふさんのことですから、将来社交の場でダンス出来る子にしたいと思われるかも。サロンダンスは、国際的なコミュニケーションや一生の楽しみに向いています。そして、習い事すべてに言えますが、舞台度胸や表現力も含めて情操教育は、長じては社会での高レベルでのプレゼンテーションに通じやすいようです。

    子供のバレェが厳しいというのは、おそらくその練習が鍛錬の積み重ねで地味だからでしょう。あとは各教室の方針でしょうか。
    そして、実を言うと、親御さんの方が厳しいことになります…
    発表会となれば、お金についてだけでなく、届いた衣装にスパンコールや刺繍を足したり、肩紐の太さをかえたりと、手芸の努力が必要になることも。しかも幼稚園の上履き入れのようにミシンでジャっと縫える物ではなくて、動いてとれにくく…など気を遣います。多忙な父母が縫えない時は、日本選手権で優勝するダンスチームを持つ家事手伝い会社から人を派遣してもらう家もあります。

    そして、バレェと体形の件ですが…、仕草が綺麗だったり、姿勢を良くする際その人として直ぐに美しい形を作れますが、バレェを習えばスラっとするかどうかの確証は…私は持てていません。
    人は筋肉の付き方や、筋肉の質、骨格の造りなどが、みな違います。
    むしろ、プリマなどで残る人々が、バレェに向いた体形をしているのかも知れません。

    また、勉強とスポーツや習い事は干渉しあうとは、必ずしも言えないでしょう。
    塾に通ったことが無い有名校出身者も多くいますし、彼らの中にはスポーツや芸術表現でも、秀でた人がいます。
    勉強のできる子は運動音痴、スポーツマンは脳まで筋肉…というのは漫画の世界です。

    要は、向き不向き、親がそれを見抜くのは難しいので、お子さんがやりたいことを経験させてあげられるのが良いのでしょうね。親子で、色々な舞台や演奏や試合を、生で観ることですね。
    幸い、東京には、そういうチャンスが高価でなくとも多々有ります。
    続きを読む
    • 投稿日時2021.5.18 22:12
      回答ありがとうございます。バレエ教室の案内を見ると、母の会の記述がありますが、こんなにも手芸のスキルが必要なのですね。ただ衣装のサイズを合わせ直したり、メイクや着替えなどの発表会の準備をすることが親の仕事だと思っていましたので恥ずかしい限りです。
      また体型ですが、生まれ持った素質も関係ありそうですよね。「バレエをやるとスラッとする」というよりも「スラッとしたバレエ向きの人が生き残る」分野なのかなとも思いました。
      まだまだ先のことなので気長に説得していけたらなと思います。
      続きを読む