つくねのアバター画像

つくね
プロフィール

30代

妊娠して転職先の無い働けない私は約立たずと思ってしまう

閲覧数1008 回答返信数1 投稿日時2022.9.9 22:05

最近、夫の転勤で引越してきて失業保険をもらいつつ、病院での妊活をスタートしたのもありゆっくり仕事を探していました。美容師です

この度授かる事ができたのですが、いざ妊娠が判明してしまうと、雇ってもらえる所は無いと考えて下さい。これから大変な時期だと思うので出産に専念しては?と転職エージェントの方に言われました。
それがとても絶望的に思えて、涙が止まらないです。
自分の考えが甘かった…としか今となっては言えないので自業自得なんですが…

以前から、夫にも義母にも、生活の為にも専業主婦は絶対ダメ。仕事しないなんて有り得ない。と言われていて、辞めるつもりも無いけど他人から釘を刺されるのがとてもプレッシャーでした。義母もずっとバリバリでとても素晴らしい方です。考えには賛同できるけど、今の私は義母のようにバイタリティ溢れて仕事を生きがいにしてるかっこいい女性では無く、自分でもそれが辛い。でも同じようにならなきゃいけない…と思っていました(初めましての会話時も私の仕事の話しになり、経営とかどう?って言われたりしたので余計)

夫は、妊娠してからは仕事しなくていいよと言ってくれます。
でも、仕事してないと価値のない私はなんで生きてるんだろう。どうやって生きていけばいいの。お義母さんはどう思うんだろう。失業保険もらわず引越したらすぐ働くと思ってたみたいだし、また失望させるのかな…妊娠しましたって報告するの怖いな…と考えてしまいます。

なんでこんなに涙が出るのか考えてみて、私は物心ついた頃から生きる為には役に立たないといけなかったからなのかなと思います。
祖母、父、親戚2件、母それぞれと数年ずつ生活していました
約立たずだと捨てられる。疎ましい存在なのに育ててもらってる。住ませてもらってるだけでも感謝しなきゃいけない。親からは八つ当たり、虐待、否定的発言虚言などばかりで愛情をもらった記憶はほとんどありません。

だから誰の事も心の奥底では信用できず、夫も義母もとても良い人と頭では理解できても、夫に、家族は私の見方だよって言われても本心は働かないなんて有り得ないと思ってるのでは?と考えてしまいます。

どう考えれば良いのか、どう仕事を探せばいいのかとてつもなく不安です。またこんな私が赤ちゃんを幸せにできるのかも不安です。
長文乱文すみません

回答一覧

  • 投稿日時2022.9.11 21:07
    ニコハナのアバター画像

    メンター ニコハナ 40代
    プロフィールを見る

    つくねさん、はじめましてニコハナです。

    つくねさん、ご自分に自信を持ってください。
    美容師の資格を持っていらっしゃるなら、いつでもどこでも働けます。

    今はお腹に赤ちゃんがいるし、ご主人も働かなくて良いよと言ってくれてるので、赤ちゃんが産まれてから働くというので充分だと思いますよ。
    妊活大変でしたね。
    赤ちゃんを授かれておめでとうございます。

    何も焦らなくて良いですよ^ - ^

    義母様が出来すぎてしまっているのかもしれませんが、つくねさんは、つくねさん。

    赤ちゃんが産まれてからもしばらくは、手が掛かるだけでなく、しょっちゅう病気に罹ったりもします。
    お子さんが何歳になったら働くという人生設計を立てられてみたらどうですか?
    その頃にどのようなところで、どのような勤務体制で働くか。
    時間はあるので、先輩美容師ママさんなど色んな人に聞いたり、調べたりしてみてください。

    義母様に何か言われた際には、こういう計画で行こうと思ってます。ってお話ししてみては?

    つくねさんは、育った環境が原因で自己肯定感が低くなってしまっているようですね。
    でも、美容師の資格を持っているって、とても強いです。

    私の同級生で美容師の人がいますが、とても苦労の連続の人生を歩んでいました。
    でも、いつも美容師の資格で乗り越えてきました。
    今は芸能界とも携わっているほど活躍しています。

    手に職を持っているのですから、胸を張ってください。

    そして、ご主人も義母様もつくねさんを家族として迎えててくれたということは、つくねさんが素敵な方だからです。

    つくねさんは、つくねさん。
    つくねさんらしさを出して、胸を張って赤ちゃんを迎えてあげてくださいね。

    不安が沢山あるのはみんな同じ。
    失敗はみんなする。

    どんな時も自分を責めたり、育った環境を振り返らず、前に進んで幸せな人生を歩んでくださいね^ - ^
    続きを読む