しゅふのアバター画像

しゅふ
プロフィール

30代

夫との関係をこれからどうしたらいいか

閲覧数1576 回答返信数1 投稿日時2023.9.18 13:57

30代前半子供なし持病ありで2年前から専業主婦をしている結婚5年目の主婦です。

 今は夫も結婚生活に協力的になって関係は悪くないのですが、
 結婚一年目のときにスマホ依存の夫にずっと無視されていた状態だったときのつらさや、セックスレスの苦しみや恥ずかしさ悔しさ悲しみ、他の女性に関心をもった夫への疑心暗鬼などが、ぶり返してつらいです。

 夫の素行や夫婦関係が改善されていってるといっても時々疑わしい行動をとるのでその度にひどく傷つきます。

 AVなども観てほしくないと思うのですが、「つい観てしまう」とか「欲求を抑えられない」などが、あるのかもしれないと思って、言い分次第でそっとしておこうと、最近夫に話をもちかけてみました。(私は夫がAVを観るのが悲しくて辛いので、黙ってそっとしておくことは出来ませんでした。)
 上記のような言い分があれば、私も納得してそっとしておくという提案をしたのですが、夫は何も言い訳も説得もしてくれませんでした。夫は一年目の浮気の時にすでに私がAVなども観るのは嫌だと知ってたにもかかわらず、必要もないそれをこの5年目までの間もずっと観ていたと自分で言いました。
私が傷つくことをわかっていてやっていたということです。
でも嫌がることをしたいわけではないと言います。

もうわけがわかりません。

そうして、離婚したいのかと聞くと離婚は絶対にしたくないと言います。
その話の間に、もうAVなどは観ないと約束してくれました。

でも私は信用が出来ません。いっそのこと「男だからこれは仕方ないことなんだ」「AVの女性とあなたは別物で、あなたは特別だから心配しないで」など薄っぺらくてもいいから説得して、私に諦めさせてほしかったです。

私は夫がとぼけたり普通に嘘をつくことを知っています。とぼけたりさせないように、夫のスマホの最初の画面に夫の検索履歴からAVを表示しておいて、夫がロック解除したらすぐ見えるようにしていたのに、「あなたそのAV女優さんが好きなの?」と聞いたらそんなものは観ていない、知らないととぼけました。呆れます。

それに夫のスマホにそんな細工までしてしまう自分も情けないしやめたいです。でも疑ってしまうので辛いです。涙がずっと止まりません。

これから先、不安になったり辛い疑心暗鬼に悩まずに夫と関わることは出来るのでしょうか。
楽になりたいです

回答一覧

  • 投稿日時2023.9.25 13:45
    アリーのアバター画像

    メンター アリー 50代
    プロフィールを見る

    しゅふさん、こんにちは。
    アリーと申します。
    ご相談ありがとうございます。

    「夫との関係をこれからどうしたらいいか」
    を考えるためには、
    まずご自身の感情をいったん忘れ、
    客観的に どこかの とある夫婦
    -AV観たい夫と観てほしくない妻-
    の状況と考えて整理してみましょう。

    ◆妻サイド
    ①スマホに夢中で無視するのが嫌
    ②セックスレスが嫌
    ③他の女性に関心を持つのが嫌
    ④AVを観るのが嫌
    疑心暗鬼で信用できず
    夫のスマホに細工してしまう
    言葉がほしい、つらい、楽になりたい
    ⇒もっと夫に愛されたい

    ◆夫サイド
    離婚は絶対にしたくない
    ⇒妻を失いたくない

    おそらく、しゅふさんは
    ご自分だけを見てくれて
    ラブラブにかまってくれる男性が
    お好みでいらっしゃるのに、
    そうではない方とご結婚されたように
    お見受けいたします。

    大好きだからこそ嫉妬してしまい、
    おつらい日々かと存じます。

    いろいろな方法があると思います。

    【1】こちらは絶対に離婚したいと希望を伝え、
      「しゅふさんの要望と合わなかった」など
       薄っぺらくてもいいから説得して諦めさせる。
    【2】「しゅふさんがつらいため①②③④すべて禁止」など
       薄っぺらくてもいいから説得して諦めさせる。
    【3】夫婦で話し合い、「①②③は禁止だが④のみOK」など
       お互いに一部我慢できる妥協点を見出して約束をする。
    【4】しゅふさん以外の女性に関心が向かないほど、
       徹底した努力でご自身に磨きをかける。

    世の中の普通の男性はしないような異常行動をしていたり、
    風俗・不倫に大金をつぎ込んだり、暴力ふるったり、であれば
    また話は違ってきますが、そうではないのでしたら、
    相思相愛のご夫婦で愛情表現が違うだけかもしれませんので、
    いずれにしても双方歩み寄りをなさってはいかがでしょう。
    一方的に責めるのではなく、嫌なことの我慢は半分ずつです。
    続きを読む