解決済

40代

両親が亡くなった時

閲覧数2628 回答返信数1 投稿日時2022.1.18 10:46

夫の末期癌の件で以前相談させて頂きました。
その後検診で私もどうやら癌になっているようでした。※まだ正確な検査結果は出ていません
子供は高1娘と中2息子です。
夫の両親は他界、私の母だけ年金暮らしで近所のアパートに住んでいます。
夫は持病のため団信は入れず、分譲マンションのローンは死別後、母に家賃代として少しだして貰いながらできるところまで維持しようと前回の相談を受けて考えていましたが、今回は私も亡くなった場合のことについてです。
地方で末期でも治療をしてくれる病院があり、話をしましたが、夫はぎりぎりまで働いてお金を残したいと思っているようで、拒否し、娘が子供二人いて治療を拒否するのは無責任と泣いてしまうことがありました。その時、片親になった後残った親も亡くなったら、自分は死ぬしかないと思っていると娘が私に打ち明けました。私は驚いて、両親が亡くなっても後見人を立ててりっぱに生きていく人もいるよ、と咄嗟に答えたのですが、「お金をだまし取られたり、自分の進路に進めなかったりしそうだから無理だ」と絶望しているような話しぶりでした。
そして今回の癌疑いによって、娘の心の負担を心配しています。
心配させてごめんね。もし癌でも手術も受けるし、抗がん剤もきちんと受ける、あなたが就職できるまで10年は生活に困らずに勉強できるように働いて頑張るよ、とは伝えました。
娘はそうだね、それくらいは頑張ってくれないと…と平気な顔で答えましたが、かなりこたえていると思います。先週告白した悲痛な決意が現実味を増してきたわけですから。

両親が亡くなってしまった場合、成年後見人を立てる、というのはなんとなく調べて分かったのですが、
具体的にはどのように進むのか、どこに相談するのか、分からず終いです。
役所のひとり親の相談窓口に相談してしまっていいのでしょうか。
息子はまだ中学生なので施設でしょうか。
一人だけ頼れそうな親戚がいます。夫のはとこで、既にお子さんは成人している方です。できたら万が一の時は二人を頼みたい気持ちでいます。
その場合、進路のことやお金のことなどどのように話すべきなのか、財産の一部をお礼金のようなもので渡すのか?もしご存じの方がいればアドバイスお願いします。
また両親を亡くなされた後のご苦労なども具体的にお話できる方がいればお聞きしたいです。

回答一覧

  • 解決
    投稿日時2022.1.22 23:51
    せとかのアバター画像

    メンター せとか 60代 子供のころは美少年
    プロフィールを見る

    Bonさん、カフェにようこそ。せとかです、また私ですみません。

    他の方のレスが付くのを待てば良かったのですが、きっとご心配だろうなと、また扱ってしまいました。ですので、他のメンターさんもぜひ、ご回答お願いします。

    検査中ですが、bonさんのおからだの調子が思わしくないのですね。
    強いストレスと、無理をしてご自分を奮い立たせての日々に、ご病人のご家族が、続けてお身体をこわすことは、よくあることです。

    成年後見人制度は、成年用です。一人暮らしのおじいちゃんがボケたな…とかいう時のためのものです。ダイレクトに弁護士さんについてもらったりしてます。

    Bonさんの場合は、お子様がまだ未成年でらっしゃるので、「未成年後見人制度」で、調べてみてください。
    申し立てする先は、お住いの地域を管轄する裁判所となっていますが、その前のご相談については、今からでしたら区の、お子さんに関する相談窓口でよろしいかと存じます。
    もしも、bonさんも、ご入院されるようなことが有りましたら、病院のソーシャルワーカーも相談にのってくれることでしょう。
    お住いの地域の民生委員・児童委員などは、近いだけに、色々力になってくれるはずです。

    Bonさん、よしんば、ご病気であったとしても、今は一病息災という考え方で、癌患者も社会の中で、人生を出来るだけ思うとおりに生きよう…という世の中に、なろうとしています。今後、ますます色々な働き方が出来る社会へと、変えてゆきますので、どうぞ治療しながらでも、理解ある職場や、オンライン労働で、社会参加をめざしてみてください。
    そして、せとかの意見としてでしたら、先ずは、ある程度お元気であられるのなら、ご母堂に早めにご同居いただく事を、お勧めするでしょうか。
    ご母堂が急に積極的に、あれこれ動かれることはご無理でも、bonさんが検査入院などでお家を空ける際に、近い肉親として、お子様方の心の支えになっていただけるならと…考えるものです。社会も未成年のお子様たちでしたら、守る方向で、決まりが出来ていますよ。
    続きを読む