40代

主人が自己破産し自宅が競売落札されました

閲覧数5051 回答返信数6 投稿日時2021.5.3 12:25

主人49歳、中3、小3の子供がいます

結婚して15年、主人の転職歴10回以上あります
頼れる親戚がいなく保育園の空きもなく下の子が小学生になるまで専業主婦でした

一昨年、自己破産の仮手続きをしたと主人より事後報告あり
報連相がなくその当時働いていた職場でのお給料が支出より10万低かったそうです
学資保険も生命保険も勝手に解約し返戻金は使っているから0と言われました

就活をして年収が増えたら家に住み続けられる、破産しても家族に迷惑はかけないと豪語していました

破産の手続きをした弁護士に話を聞きたいと思い担当弁護士と電話番号、事務所名を何回も聞きましたが報告なく。。。
私もパートを始めましたが主人がなかなか就活が進まず決まった時には裁判所から自宅競売開始通知が届きました

何回も破産の手続きをした時に家を残して欲しいと伝え就活に時間がかかり本当に家を残せるのか主人に聞くと大丈夫の一点張りでしたが、競売になり不動産に依頼して今の家に住めるよう競売になるまで必死に対応しましたが競売入札が始まり落札になりました

子供が受験生で音楽の勉強をしたいとピアノを弾ける環境が必要なのですが。。。 退去になりそうです
今まで度重なる転職で破産、競売になり疲労して退去を機に離婚したい気持ちがあります
ですが近くで頼れる親戚がいなく、学資保険もなく貯金もないので生活できるか不安もあり、下の子が離婚しないで欲しいと泣くのでなやみます
子供が大きくなるまで離婚しない方がいいのかもしれませんが報連相がなく話し合う時主人は視線をそらし無言で何を考えているかわかりません
今、精神的に限界なので厳しいご意見はあると思いますが控えて頂けたらありがたいです
みなさんならどうしますか?
意見を聞きたく相談させていただきました
よろしくお願いします

回答一覧

  • 投稿日時2021.5.9 06:58
    非常に大変な状況ではありますが、遠い将来を考えた時にご主人様と2人でいる想像はできますか?
    話し合いのできない相手は本当に疲れますよね。
    下の子が離婚しないでと言う気持ちはわかりますが、あなたの人生はあなたが主人公です。大切な時間をあなたのものとして大切に考えてはいかがでしょう。
    他人は変えられません。ですが、自分の人生は自分が一歩踏み出せるなら、何度でもやりなおしがききます。

    離婚を視野に入れ、パートではなく正社員として仕事を探しながら、キャリアアップできる仕事はなにか?と考えてみたり、副業、勉強などをしてできることからまずは一歩、始めてみてはいかがでしょうか。ピンチこそチャンスです。ご自身の人生をご自身が舵きりできる状態になると、見えてくる景色はがらりと変わると思います。
    学費の嵩む時期になると思うので資金繰りは大変だと思いますが、学資を解約しているならば奨学金の利用を計画したり、お子様と将来のお話をしてみたり、できることはあると思います。
    少しでも早く動くことが少しでも早い軌道修正に繋がります。
    話し合いができないご主人の行動を待っていてはなかなか話が進まない間にあっという間に時間が過ぎてしまうと思います。お子様たちのため、そしてご自身のために、行動を起こしてみてはいかがでしょうか。
    続きを読む
  • 投稿日時2021.5.13 20:35
    せとかのアバター画像

    メンター せとか 60代 子供のころは美少年
    プロフィールを見る

    あめさん、カフェにようこそ…。

    拝読しての、あめさんの15年間に「お疲れさまです。」とつぶやいてしまいました。

    あめさんと私は、接点が無いので、お話ししますが、
    このところしばらく、実際にお顔を合わせて解決してゆくご相談の数々に、忙殺されていました。
    そして、ある相談者さんは、ちょうど あめさんのお子さんと条件を同じうしていました。

    お父さんがお金を使ってしまい…ついに…。
    今度こそは今度こそは!と思いつつ、どんどん背水の陣に自分を追いやって、夢と現実のギャップを受け入れがたい男性はいらっしゃるものです。そんな父上に翻弄されながら育ったそうです。
    一つ違っていることは、残念なことに、彼女のお母さんは、家族とご夫君の誇りを守らんと 働きだし、その後休み返上で働き、ついに取り返しがつかないほどひどく身体を壊してしまったのです…。
    相談を受けた時はもう瀕死で搬送。検査の結果、看取ることになってしまいそうな子の気持ちは、如何ばかりでしょう?
    学業を諦めるどころの話ではありません。


    あめさん、勇気を持って、公的援助も含め、今後の事を考えることにしましょう!
    誰だって、困ることは有るのです、それを気にするよりあなたがあなたを、そして子供たちを守ることが大切です。ただ、今は背水の陣です。

    相談したとはいえ、ピアノが置ける家を確保する事から始められるかどうかは分かりません、手ごろな練習場に通える場所に引っ越すことになるかも知れません。
    あめさん母子が今後のおくりたかった生活について、どれほどお金が足りないか、ご夫君の借金への対処の仕方はどうだったのか、ある程度正確なところが分からなければ、助ける方法は狭まってしまいます。ご夫君は、もうお金については隠しておくことはお出来にならないでしょう。

    お住いの地域の、(区役所など)生活福祉課とかにお電話して、相談してみましょう。すると細かく相談できる人も見つかります。
    日本国では、たとえお金に困ったとはいえ、ご家族は生きてゆけますから、あめさんは 先ずは「生きられるライン」を確認し、その知識を多少深めてから、ご自分の選択肢を数え、確認なさり、実際の選択をなさってはいかがでしょう?

    早く始められることをお勧めします。

    ここではインターネット越しですが、どうぞまたいらしてください。
    各所の窓口の対応なども含めて、何でも聞きます。
    続きを読む
    • 投稿日時2021.7.8 21:07
      お返事ありがとうございます

      ずっと色々あり。。。市の女性窓口相談から市のカウンセリングを先月末から受けています

      PTSDになっていました。。。

      自分が自分でわからなくて希死念慮に悩まされながら毎日を過ごしています

      転居先はピアノ不可でした
      大家さんが長女の同級生の祖父でアパートの隣の戸建てに同級生が住んでいて娘が落ち込んでいます
      でもそこは乗り越えられると信じています

      主人は破産は共働きしない私のせい、引越しは落札した不動産を裁判で訴えて家に居座ることも出来るのに断った私のせい、食費、生活消耗品、雑費で月10万使う私の金銭感覚がおかしい。との事で話をしてると自分が悪いと思ってしまいます

      パート代月7万。
      長女が受験を終えたら離婚したいので貯金に少しでもまわしたいと今回の引っ越し代にパート代を出せと言われましたが貯金がないと伝えたら金銭感覚かおかしいと。

      学用品、子供の衣類、ピアノの発表会費、しんどい時のお惣菜、週の後半の子供の朝ごはんのパンなどは私のパート代から出しています

      仕事しかせず家事育児をしないので内訳伝えても伝わらず気持ちが壊れてしまいそうです
      続きを読む
    • 投稿日時2021.7.8 23:44
      せとかのアバター画像

      メンター せとか 60代 子供のころは美少年
      プロフィールを見る

      あめさん、いらっしゃいませ、深夜マスターせとかです。
      またご来店いただけて、本当にうれしいです。

      でも、お話しでは、コロナ禍の中、お天気も芳しくないというのに、毎日が消耗戦ですね、伺って想像するに余りある状況に、読ませていただく私も、PCディスプレイの前で、気付くと歯を食いしばっていました。
      パートだって、この時世でどんどん減るなか、色々な始末や引っ越しをしながらも7万円も稼いでいる、それだって凄いことだ。お子さんの夢も支えんと、あめさんはなんたる良妻賢母なのでしょうか!!
      そんなあめさんですから、きっと破産前に相談されたとしたら、もっと状況は違っていたでしょうが、それがお出来にならないのが、ご夫君なのですからね…。

      ですから、
      今回の引っ越し代にパート代を出せと言われましたが貯金がないと伝えた>>
      これは良かったと、私は思います。
      気にしないで、独立した際の最初の日々を、安心して暮らすための、基金を貯めてください。

      バタっと床に両手をついて、「悪かった!何とか成功したかったんだが、俺の力不足だった。苦労掛けるが、何とか頼む!」と青ざめて頭を垂れる場面ですが、見通し甘くてらっしゃいますね…ご夫君…。競売にかかった家に住み続ける裁判に、結果的にいくらかかるとお考えなのでしょうか?それなのに、生活費に苦情をおっしゃり、破産はあめさんのせいですか?

      怒りに行きたくなって、歯を食いしばるものですから、私なんだか涙も出てきたようです。

      良い日は来ます。もしもの時の国のセーフティーネットも、おそらくあめさんならお調べになったと存じます。そのうえで、日々をより良くするために努力してらっしゃるのですから、どうぞ胸を張って毎日をお過ごしください。

      そんなお母さんの背中を見ながら、お子さんも世の中の勉強をして下さると存じます。

      世界中の歴史を見るならば、王子や王女として生まれても、様々な政変にあい一敗地にまみれ泥水啜り草を食むような生活をした人々は少なくありません。乗り越えるのに必要だったのは、不屈の愛と信念だったそうです。
      人生には色々な時期が訪れます。
      他者のせいにせず、現実に向き合い対処している今のあめさんの姿は気高いです、自信を持ってください!
      続きを読む
    • 投稿日時2021.7.9 15:27
      こんにちは
      お返事ありがとうございます

      お給料の通帳を見せるよう言われました
      出来れば今後の為(離婚する時の生活費、長女の学費)に通帳を見せたくないのですが。。。
      いい方法が見つかりません。。。

      毎月7万だと伝えていて、少しずつ貯金をしているのでそれがバレるととられてしまいます。。。

      長女の高校の話をしたいのにお金の話になり私がおかしいとなって話し合いが進まず。。。

      7月29日に引越しもあるので断捨離と荷造りもあり高校の事もあり日々気が休まらずいっぱいいっぱいです

      お金と実家があったら逃げたいです

      長女が受験生なのでシェルターはあるけどシェルターに入ると登校出来なくなるので受験の時に出欠席が響いて影響すると困るから長女の受験終わるまで少しずつ貯金して離婚を視野に入れようと市のカウンセリングと話していたのですが。。。
      気持ちが限界で希死念慮がたまにあります。。。

      カウンセリングの方に下の子が小学校卒業する時まであと3年離婚せずに頑張ろうと思っていると伝えたら、この生活をあと1年続けたら私の心が完璧に壊れると言われました

      気が休まる場所が欲しいです
      家にいると、主人と話し合う時に話し合いの最後は怒声になるので私が過去の父親と兄からの暴力と怒声と重なり主人が帰ってくると動悸がします

      いつ帰ってくるか分からないので夕方追われるように家事をして主人が帰ってくると動悸がして。。。

      なかなか周りに気持ちが伝わらずどうしていいのかわからなくなってきました。。。
      続きを読む
    • 投稿日時2021.7.16 21:46
      せとかのアバター画像

      メンター せとか 60代 子供のころは美少年
      プロフィールを見る

      あめさん、その後どうしてらっしゃいますか?

      通帳を見せろと迫られ、金銭感覚を責められていると伺っていましたが…
      ご夫君はご自分の稼ぎについて、生活費や養育教育費として10万円程度をあめさんにお渡しなのでしょうか?そして内訳を理解して下さらないという事なのでしょうか。

      ご夫君が現在の状況に陥ったことを、あめさんに伝えられたのち、一層厳しくあめさんが責め立てられていらっしゃるのでしょう…。ご夫君が、どうして現在に至ったかはご説明が無いままなのかもしれませんし…
      ご夫君は、週に何時間仕事にだけ集中し、いくら手にされているのでしょう。
      あめさんにお渡しするお金以外は、何にお使いなのでしょうか。
      そうやってあめさんの稼いだお金を取り上げようとしたり、怒鳴ったりして、実際に、何がご夫君の満足につながるのかが、私には分からないのです。
      ごめんなさい…

      カウンセラーさんを通して、区の方に居場所を相談してみてはいかがでしょうか?
      とはいえ、ご家族の出席日数のためにもまだ逃げ出すことも出来ないとしたら…
      そういう境遇になった方がおっしゃった言葉に、「心の耳栓」というものがありました。相手の怒号が通り過ぎるまで、その耳栓をしっかりとしめて、心は自由を得た時の希望やそこに向かうための対処に向けて、やり過ごすということなのだそうです。

      お出来になるでしょうか?ベストな方法では…もちろんありませんが…

      家事育児をし、引っ越しの準備もし、難しい時期に得たパートで、月に7万を稼いでいる…そんなあめさんが、怒鳴られる筋合いではないことを、ここにいる私たちは、知っています。
      そして、心身ともに脅かされているあめさんが、物理的な暴力を受けるようなことになったら…とも心配しています。

      それをご覧になっているお子さん方のお気持ちも、思います。
      お子様たちは、お元気でしょうか?

      慰めにもならない言葉で、申し訳ありません。
      続きを読む