40代

一人暮らしの親の接し方

閲覧数2951 回答返信数2 投稿日時2021.3.1 21:39

父が亡くなってから、実家では母(今年80歳)が一人暮らしをしており、約5年が経ちました。
亡くなった直後は、週末ごと、2週間ごと、とかなり気にして、母の一人暮らしを支援してきましたが、
仕事が忙しいこともあり、月に1度、生活の様子を確認するため帰るのがやっとです。
コロナの前は、一人で外出もできていましたし、墓参と称して、月に一度くらいは外出を一緒にしてきましたが、いまはそれもかなわず、
不活発になるのが心配です。 録画したビデオで体操をしたりもしていますが、全体としては運動不足に
なりがちです。

また、電話で話すのもひとつの健康支援と、割り切ってはいるものの、ひとたび話し始めるととても長くなる傾向にあり、1時間以上にもなります。それゆえ、電話するのも躊躇したりするので、たまに話すとまた長くなるというパターンです。健康で長生きしてほしいですし、最後まで幸福な気持ちでいてほしいのでなんでもしてあげたいのですが、なかなか思うようにできません。気づいたら好きそうな新刊や食べ物を送ったりはしていますが、仕事やそのほかの活動も忙しく、そうは時間がとれません。

お話をきいてくれて、記憶も増やしてくれるロボットを買ってあげようかどうか、迷っています。
補助的には、役にたつかもしれないですが、かわいそうな気もします。

都内から1時間ほどの近郊に住んでいいる母との関係は円満ですし、やはり別に暮らす弟も月に一度くらいは母を訪ねてくれています。ご近所とも円満に交際しているようです。

どうしたら、母のおしゃべりを余裕をもってきいてあげられるようになるでしょうか。

メンターの年代は問いません。

回答一覧

  • 投稿日時2021.3.1 21:39
    なおのアバター画像

    メンター なお 50代
    プロフィールを見る

    自分も忙しいと電話が長くなるのは大変ですね。たまに会いに行ったり、送りものをするだけでも嬉しいようです。

    ご近所の方との関係も良好なのは良かったですね。なじみの土地で過ごすのはいいようです。地域でも高齢者のための催しものがあったりするので、役場とかで情報を集めて、お教えするのもいいかもしれませんね。興味があったら参加されるかもしれません。

    ご自身が無理のない範囲で連絡をとられるのはいいと思います。気にかけていらっしゃるのが大事ですね。
    続きを読む
  • 投稿日時2021.3.12 18:01
    Day By Dayのアバター画像

    メンター Day By Day 50代
    プロフィールを見る

    Macaronさん
    こんにちは
    ご相談下さいましてありがとうございます

    お母様とのコミニケションのご相談ですね
    お気持ち、ものすごくわかります
    Macaronさんが、今どのようなお気持ちでいて何がご心配なのかが伝わってきます。
    私にも、80代の両親がおります。
    コミニケションで考えたり、悩んだりとよくあります。

    お仕事やご自身の予定がある中お母様の事を考えていらっしゃり、お母さまとてもお幸せですね。
    素敵なご家族です。
    そのお気持ちや思いは、お母さまに必ず伝わっています。
    私はそれを信じます。

    お母様に対する思いや心配があるからこそ、考え悩みますね。
    私が思うに、伝えたい事がたくさんありすぎてMacaronさん自身が余裕がないのではとお思いかもしれません。
    お母様のお話に対して、意見やアドバイスが頭に浮かびお話したいことが溢れているのかもしれませんね。
    その内容に対してはこの返答と、1つ1つ受け止めていらしゃるように思います。
    お母様の言いたいこともお分かりになり電話がかかってきたことに対するお母様の気使いが伝わるからでしょう。

    ご相談の余裕を持って聞くにはですが、お母様の声が聞きたくなった時にお電話してみるのはどうでしょうか。
    お仕事をされながらお母様の事を考えご負担にならない方法の1つではと考えます。ホット一息入れた時などに、お好きな飲み物を飲みながらお電話をかけられれば、優しいなげかけや、楽しい話題にも繋がるのではないですか。
    弟さんにもお母様に電話を入れてもらうようお願いをしてもよいと思います。三人の共通な話題がありますと盛り上がりお母様も安心した時間になるのではないですか。
    最近知りましたサービスの中に、企業が運営している認知症予防健康相談付きというのがありました。
    体操のやり方や脳機能の活性化をサポートする内容でオンラインの面談がついています。
    こちらは認知症予防に特化しておりますが、Wi-Fi環境やPCが必要になりますので、PCに対して抵抗がないようでしたら良いように思います。第三者の目線が入ることで、ちょっとした異変に気ずくことができればMacaronさんの安心材料にもなりますね。レクリエーション的に活用すればご本人も意外な一面が発見できるかもしれません。
    ご参考になればと思います。

    Macaronさんのご負担が軽減できればうれしいです。
    続きを読む