解決済
さっちーのアバター画像

さっちー
プロフィール

30代

図書館の本弁償

閲覧数516 回答返信数2 投稿日時2024.4.11 22:57

春休みだったため、市の図書館に4歳と2歳の子供を連れて本を借りに行きました。
初めて借りに行ったので、受付で貸し出しカードを作って頂き、6冊借りました。
が、私が目を離した間に3冊破かれてしまいました。
ですが図書館の本は修繕の後が多く、私は軽く考えてしまっていました。
しかし1冊の図鑑だけ切られた端が見つからず絵柄も被っていたため、最悪弁償もあるかもしれないと考えていました。
いざ返却の際、破いてしまったことを伝えると受付の方は明らかに怪訝な表情でページを確認し始めました。
あれ。。想像と違って嫌な雰囲気だなと感じました。
破いてしまったページを伝えている最中、上の子がうんち!と伝えてきました。え!今は深刻な感じで確認してもらってる所なのにと思い、我慢して!と伝えたものの漏らしたら大変だと思い直し、チラッと受付の人をみると真顔で本を確認中。聞こえてないのかな。トイレどうぞとか言ってくれればいいのに!と思いながら、トイレ行っていいですかと聞き、行かせてもらいました。
戻ると、先程の方は別の方を対応しており長そうでした。待っていると別の方が来て、どうぞと言われたので破いてしまったので待ってますと伝えました。その方が前の担当の人に聞きに行くと、一言、弁償です!と伝えていました。
もしかしたら。。と想像していたものの言われ方もショックでした。
まさかのキッパリハッキリ普通の音量での弁償です!の一言。。引き継ぎにしてももう少し配慮が欲しいと思ってしまいました。
悪いのはこちらなのですが。
引き継ぎを受けた方は、あっと言う表情で感情が伝わってきて好感が持てました。その後年配の女性が出てきて、弁償は本を買って持って来ていただくようになります。と言われさらにショックを受けました。
Amazonなどで古本でも構いませんと言われましたが、古本でいいんですか?と驚いて聞き返した所、落書きがあったりした場合にはダメですがと言われ、ネット購入だと中は確認出来ず万が一落書きがあったら意味がないじゃないか。と思ってしまいました。
ISBNが書いてあるレシートを手にその足で大きめの本屋へと行きました。古いそうな図鑑だったので注文できるかヒヤヒヤ。無事注文出来ましたが約3000円でした。図書カード作成した時に一言、修繕出来ない場合は弁償して買ってきて頂きますのでご注意下さいと言って欲しかったです。

回答一覧

  • 解決
    投稿日時2024.4.17 11:50
    タソのアバター画像

    メンター タソ 30代
    プロフィールを見る

    さっちーさんこんにちは
    うちの子も廃盤に近い本にらくがきをしてしまい、古本を取り寄せた記憶があります。
    ショックで結構怒っちゃった気がします。。
    図書館の方の対応が配慮が足りなかったのは確かかもしれませんね。
    きっと本が好きな方がお勤めされており、修繕にも大変手間がかかるからという
    理由かもしれませんね。
    メルカリやAmazonなどだと状態について記載があるので、落書きなどがあった場合
    返品して良いと思いますので古本をネット購入でも良いと思います。
    基本的に図書館の本は購入しているものなので同等品を弁償となると思います。
    きっと修繕になっているものは図書館の方が気づかずに受け取ってしまったものなのかもしれません。

    うちも3歳に近いですがまだ破いてしまうことや落書きしてしまう可能性があるので
    貸出は無理かなと思っているため、その場で読んであげるだけにしています。
    成長して本を大事に貸し借りできるようになったときに成長を感じてあんなことも
    あったな~と思うようになることをお互い願いましょう・・・
    またご相談くださいね
    続きを読む
  • 投稿日時2024.4.19 22:37
    わたあめのアバター画像

    メンター わたあめ 40代
    プロフィールを見る

    投稿読ませていただきました。
    お子様のせいで弁償になるということ、子育てしていたら幾度となく経験しますね。
    主さんの戸惑いよくわかります。
    図書館の対応についてあれこれかかれていますが、弁償についてはできれば破損してしまったことを伝えご自身からすみやかに申し出たほうがよかったように思います。
    基本的には破損したものにかんしては弁償。これは基本だと思います。
    厳しいコメントかもしれませんが、今回のことを良い社会勉強だと思い、謙虚に、そして強く生きてほしいです。

    ちなみに、図書館を利用するときに規約については確認されませんでしたか
    場所によっては、破損対応がまちまちです。
    私の居住地では、破損の場合、基本的に弁償の1択です、そして著作権許諾料が発生するものにかんしてはその料金も含めての現金弁償(物品代+許諾料金)とも記載されていましたので、今回のケースのように本の代金のみで済んだのであればそれはお安かったかもしれません。

    お時間のあるときに施設の案内や規約・注意書きはよくお読みになられてください。

    これくらいは良いだろうということは自分の中にしまっておく
    子育てしていると幾度も出会う感情で、私もかなり鍛えられました。

    ちなみに我が子は現在中学生ですが、小さい頃はあまり図書館など利用しませんでした。理由はどのような扱いをするかわからなかったからです。
    本は基本リサイクルショップで安く手に入れるか、プレゼントでいただく、または購入していました。本を読むときは、ペンやクレヨンなどは高い場所に置くやぶくことが想定されるので、本を子供に持たせないなども考えていました。
    ちょっとでも乱暴に扱うようなら、どんなに子供が小さくても、だめだとはっきり伝え、その日は読み聞かせをしませんでした。
    また借りても自分と一緒のときに読み聞かせ、それ以外は必ず高い場所に置くまたは、速攻で返却するなど細心の注意を払っていました。

    お子様の特性はさまざまで予測不可能なことばかりですが、叱らないですむ環境を整えて小さなお子様の子育てが日々穏やかであることを心から願っています。

    こうしてほしかった、あぁしてほしかったという気持ちが常に自分の中にあると、多数から漏れたときしんどいかもしれません。
    私もそのようなときがありましたので、コメントしました。
    続きを読む