30代

夫がとの今後について

閲覧数329 回答返信数1 投稿日時2024.3.18 9:39

結婚、7年目に入る、夫が40代後半、私が30代後半の夫婦です。
昨年秋に事故に遭い、業務中であったことから労災となりました。
脳神経の病気の疑いがあるとのため、検査入院をしましたが、異常はなくptsdからくる不眠があることにより医師より、睡眠薬と気分の向上のために抗うつ剤を貰っています。

元々そうだったのか、そうなってしまったのか、真剣な話をしたくても、一々手を止めさせて、こちらに集中をさせないと話を聞いていません。
真剣に見えるようで、その内容と朧気な部分があります。
医師からのアドバイス、私からの話の内容等を「習慣がなかった」とメモを取る事もせず、傷病手当金もあと半年の期限となりました。
結婚に際し、いくつか落ちついたらしたいねといっていたことも、ただ一点を除き私の望みが叶うことはないのでしょう。
現在は、派遣社員として働きながら副業もしていると、この関係がなんのためにあるかわからなくなります。
いっそ、朝目が覚めなければいい、消えて楽になりたいという気持ちが強くなる日々です。
結局は、離婚をして薄情者となるべきなのでしょうか。
話をすれば、「全部俺が悪いんでしょう」とだけ返ってきます。
その話も、顔を見ることも声も聞くことも嫌気がさしています。
どうすれば、この状況を打破できるのでしょうか。
私が厳しく考えすぎなのでしょうか?
よろしくお願いします。

回答一覧

  • 投稿日時2024.3.26 15:24
    タソのアバター画像

    メンター タソ 30代
    プロフィールを見る

    あいさんこんにちは
    旦那さんが事故にあい抗鬱剤を飲み始めてからお話を聞いてくれなかったり
    色々なことに真面目に取り組んでくれないということですね。
    そのような状態は事故と抗鬱剤の影響が少なからずあるのかなあと考えてしまいますよね。
    旦那さんの何もかもが嫌になってしまっているという状況であれば離婚という選択肢も薄情者ではないと思います。あいさんの人生も一度きりなのであいさんが苦しければ手放すことも決断の一つだと思います。
    この状況をお二人で一緒に歩みながら打破するという場合には、抗うつ剤などはすぐにやめれるものではないので、少しずつ回復を待って
    元の生活に戻れるようリハビリをしていく以外は難しいのかなと思います。
    そのリハビリを今後支えていく気持ちが自分の中にあるのか、それとも全て0に戻して新しい人生を歩むのかどちらに気持ちがあるのかを一度あいさんの中で整理してみると良いかと思います。
    あいさんも無理をせず休みながら考えてみてはいかがでしょうか
    ご参考になれば幸いです。
    続きを読む