30代

この仕事を続けていくか迷っています

閲覧数2757 回答返信数1 投稿日時2023.5.13 12:38

今の事務仕事についてから、だいたい2年半くらいになります。
お給料が手取り16万+夏と冬のボーナスといった形です。
業務内容は難しくはなく、パソコンの入力と電話対応さえできればなんとかなります。
人間関係はまあ悪くはないのですが社内で誰とも喋らず1日が終わることが多いです。

私は心の病気を持っており、会社でそれを明かしてはいません。スキルも特になく、病気持ちの私を雇って頂いたことにはものすごく感謝しています。けれど、このお給料で、結婚するかもわからないまま、実家で暮らすのがとても心もとないと感じてしまいます。
親もかなり高齢で、いつ実家を出なければいけないかとも思います。
独り暮らしをしたこともなく、経験がない分不安です。
また、会社で誰とも話せないのもつらい時があります。直属の先輩にはビジネスライクでいたいと言われ、雑談は一切できません。

今はお薬さえあれば平常心でお仕事ができています。
年齢的にも転職するなら今かなとも思います。

みなさんなら、どうされるかご意見を聞かせていただきたいです。

回答一覧

  • 投稿日時2023.5.13 15:10
    キリンのアバター画像

    メンター キリン 40代
    プロフィールを見る

    地球さん、こんにちは。
    キャリアカウンセラーをしているキリンです。

    身の回りのいろいろな状況を心配されているのですね。
    でも職場ではその心配を吐露する環境がない様子ですね。

    「みなさんなら」とお尋ねになっているので、私なら、のコメントを書きたいと思います。
    他のメンターの方も、それぞれのコメントを書いてくださるといいですね。
    地球さんなら、どうされるのかも、ゆっくり考えて、納得のいく選択をされることを祈ります。
    その上で、私の勝手なコメントをお読み頂けると幸いです。

    私は、「やる・やらない」の選択の岐路に立った時に、何かが不安でも「やる(挑戦する)」ことを選んできました。
    失敗と後悔もそれなりにあり、過去を振り返ると気持ちの浮き沈みももちろんあります。
    キャリア論の一つに、ナラティブセラピーというひとつの技法があります。私の都合の良い解釈も含めて大まかにどんなものか紹介すると、過去の出来事を「自分の物語」として紡ぎ、良いものとして捉え直す作業をするものです。
    私の一例ですが、落ち込む時にはこの考え方で過去の失敗(と捉えていたもの)を良いもの(例えば「薬」だったと思ったり…)と定義し直すようにしています。

    他方、最近の私は「急がば回れ」の態度をようやく心得て来て、選択に非常に慎重になってきました。
    これは機会が熟したり、環境が整わないと、やりたいことが叶わないことがよくあると、失敗のお陰で学んだからです。
    では何も挑戦しなくなったのかと言うとそうではありません。挑戦の為の準備と我慢をするようになりました。
    これもキャリア論の一つに、プランドハプンスタンスという考えがあります。同じく都合よくザックリとご紹介すると、「チャンスがあるかどうかはわからないけど、あった時にそれを手にできるようにしておこう」というものです。
    知識なのか、お金なのか、体力や健康なのか…何が役に立つのか分かりません。あるいはそれを調べることすら、準備の一つと思っています。

    何か参考になりますでしょうか。
    地球さんの気持ちが少しでも良い方に向かうよう祈るばかりです。
    続きを読む