すずきのアバター画像

すずき
プロフィール

30代

攻撃的で一方的な母について

閲覧数629 回答返信数1 投稿日時2022.9.4 0:14

中学生の頃から、母親と折り合いが悪いです。
常時というわけではないのですが、過去や些細なことが地雷となり、言葉での攻撃が酷く、精神的に参ってしまうことが多いです。
機嫌のいい時でも、一方的に話すので会話が進まず、延々と聞き役になる他なく、これもまたストレスになっています。たまに自分の意見を述べれば、ひねって捉えられることが多く、「あなたは冷たい」等とまた攻撃されてしまいます。
私一人にだけではなく、父や妹へも同じように攻撃し、誰かしらが攻撃されている状況です。
確かに、母自身も病気(母曰く難病らしい)も多く抱え、精神的に辛い、という気持ちもわかりますが、そのストレスの吐き方が家族を苦しめているのです。

今、父が癌治療後3年くらいで、高血圧や心筋梗塞になりかけたりして、体調が不安定だそうで、
「寝たきりになったら、私(母)は病気も抱えているから、世話ができないので、あなた(私、娘)が介護してね。老人ホームも2年待ちみたいだから、その間は休職するなり、退職するなりして、介護してね。」
というような趣旨のラインが来て、「そんな退職を迫るなんて、なんて親だろう」と気を病んでしまいそうです。

万が一の時は親を見なければいけないのかな、という思いも皆無ではないのですが、まだ結婚3年目で、妊活しており、将来面倒を見る、と約束できるような腹は決まりません。
そもそも、介護で追われて人生終わるなんて真っ平、という思いが元々強く、ヘルパーさんやデイでお世話して貰えばいいんじゃないか、と正直思っています。我ながら冷たいと思いますが。

なぜか、昔から部活を辞めるように精神的に追い詰めたり、今回のように退職を迫ったり、「私に幸せになってほしくないのかな」と思うことが少なくありません。母と話をすると、心がざらつき、仕舞いには涙が止まらなくなってしまうのです。心の安定を保つために、つい先日まで、一年ほど連絡を絶っていました。色々あって、心配になり、連絡を入れたのですが、地雷を踏んだようで、連絡したことを後悔しています。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
まとまらずに申し訳ないですが、このような母とどう付き合っていけばいいのでしょうか。

回答一覧

  • 投稿日時2022.9.5 18:35
    Lichtのアバター画像

    メンター Licht 60代 女性
    プロフィールを見る

    こんにちは。
    ご相談いただきありがとうございます。

    中学のころから、母上と折り合いが悪いとのこと、おつらいですね。
    すずきさんは現在30代、その状態がずっと続いているのでしょうか。長い年月、複雑な感情を抑え、よくご自身を保ってこられましたね。苦しかったと思います。
    そして、これから母上とどう付き合っていけばいいのか、今なお葛藤しておられる。お察しいたします。

    これまで、すずきさんは聞き役として、母上の理不尽で一方的な言動を聴いてあげてこられました。また、母上の精神的なつらさへの理解も寄せておられますね。
    娘として十分すぎるほど、母上を心配し、支えてこられたと思います。

    気がかりは、その一方でご自身がネガティブになり「母と話すと心がざらつき、涙が止まらなくなる」とのこと。これはとても心配な状態だとも感じます。
    文面には、やさしく繊細なお人柄がにじんでいます。それだけに、精神的に追いつめられたり、難題を迫られるような状況は、きついと想像します。

    一年ほど、母上と連絡を取らず距離を置いたことは、ご賢明でしたね。ご自身の感情や生活圏を侵害されないために、むしろ必要な対処だったような気がします。
    また、これまでストレスのはけ口にされ続け、その相手を回避したいという感情はごく当然なものです。その気持ちを「冷たいのでは」などと否定せず、ご自身で受け容れることも大切な気がします。

    ご家庭を築かれ3年とのこと。これからですね。新しいご家族を迎えるご予定なら尚のこと、思いきり未来の青写真を描いて気持ちを切り替えるのもいいですね。親との関係性以外の素敵なことが、世の中にはたくさんあるのですから。

    お父上の介護は、介護保険サービスを使って、プロの他人にお任せして、すずきさんはその手続きや相談役など、ご両親に代わってなさればよいのではないでしょうか。それも立派なお世話の形だと思います。
    将来的にご両親へのお気持ちは変わるかもしれません。けれど、相手の要求に応えるというスタンスよりも、ご自身で無理のない(精神的にも物理的にも)範囲でなさる方がよろしいような気もします。

    お幸せを祈り上げます。
    続きを読む