あずきのアバター画像

あずき
プロフィール

20代

自分が嫌になります。

閲覧数1068 回答返信数1 投稿日時2022.2.19 21:58

私は去年の2月までイベント事業の仕事をしていました。美術関連が好きで、大学時代も遊びながらではありますが学芸員の資格も取って、新卒ではないですがその会社に入社したときはやっと自分に合った仕事ができるんだと嬉しかったです。ただ、中を開けばそれは電話営業が主でした。これだけなら入社の段階で話を聞いていたのでまだ良いです。しかし入社してからコロナが直撃し予定していたイベントは全て消滅。以降会社を存続させるようなみみっちい営業しかやらなくなりその中で成績が振るわない私は毎日毎日上司や社長に責められ、そして2月に仕事を辞めました。

そこから仕事について何も期待したくなくなり、どうでもよくなりました。
同時に新しい趣味に目覚め、舞台俳優を追っかけ毎月毎月舞台やイベントに参加する生活になっていました。
現在は派遣会社を転々とし、趣味を優先した働き方でもう既に貯めていた貯金は底を尽きました。この状況が楽しい半面先が見えない怖さで最近はどうにかなってしまいそうな気持ちです。
去年の終わり頃から福祉や親からお金も借り、先月はクレジットをリボに設定しました。もう人生お先真っ暗すぎて首を吊ってしまった方がまだいいように思っています。けどこのどうしようもない生活を変えられなくて見ないふりする自分がいるんです。それがどうしようもなく耐えられなくてでもそのことを考えると頭が痛くなります。できることなら大好きな舞台俳優さんの姿をずっと見ていたいですしずっと応援していたいんです。友人とも遊びに行きたい。そのためにお金を稼ぎたい。けど安定した仕事に就こうと、今の現状を変えようと動き出せないんです。何からしたらいいか分からなくなります。頭が真っ白になります。こんなダメな自分が、甘えた自分が嫌で変えたくてでも何も考えたくなくてつらくて吐きそうなくらい嫌なんです。誰かに相談したいんです。話を聞かせてください。

回答一覧

  • 投稿日時2022.2.20 23:15
    たんぽぽのアバター画像

    メンター たんぽぽ 40代
    プロフィールを見る

    あずきさん、投稿ありがとうございます。
    就職した会社で大変な思いをされましたね。
    心に大きなダメージを受けたのではないかと思います。

    大変な思いをされた分、大好きな舞台俳優さんの応援がより一層ご自分を満たしてくれたのかなと思います。
    自分を支えるために趣味を持つことも推しを持つことも必要なことだと思います。
    生活に張り合いがでますね。
    ですが、生活に支障が出てしまうとなると考えなければなりません。

    あずきさん、まずはクレジットカードを解約しましょう。
    現金がなくとも買い物ができてしまうクレジットカードは便利ですが、実際自分がいくら使えるのかが判断が鈍くなります。
    思い切って解約しましょう。
    このままでは消費者金融にまで利用してしまうのではないかと心配です。

    舞台俳優さんの応援は金銭的に余裕ができるまで、直接舞台を見に行く以外の方法でしてみませんか。
    SNSやYoutubeなどお金をかけなくとも出来る応援があると思います。

    あなたが現状を変えようと動き出せないのは、あなたがダメだからでも甘えているからでもありません。
    それだけ前の職場での経験が心にダメージを与えているのだと思います。
    そしてあなたは真面目だからこそ、もう一度就職したら簡単に辞められないと思い、一歩踏み出せないのではないでしょうか。

    まずは派遣でもアルバイトでもいいので、「舞台俳優さんを応援する」という目的のために働いてみるのはどうですか。
    就職となると、また職場で大変な思いをしたらどうしようと不安な気持ちが沸いてくると思います。
    なので、ますは慣らしで派遣やアルバイトから始めてみるのです。
    合わなければ辞めてもいいのです。

    そうして慣れてきて、働くことに対して不安が無くなってからでいいので、自分が好きだった美術関連のお仕事について調べてみましょう。

    自分が何をしたかったのか。
    そのために必要な一歩は何なのか。

    考えてみましょう。

    あずきさん、焦らなくても大丈夫です。
    一歩ずつでいいのです。

    私は派遣やアルバイトなど6社で働いて、今の会社に至ります。
    そしてまた新しい道に進もうとしています。

    あずきさんは20代。
    今から十分やり直せるし、取り戻せますよ。

    焦らなくて大丈夫。
    出来ることから一つ一つ進めていきましょう。
    続きを読む