まむみのアバター画像

まむみ
プロフィール

20代

親が頻繁に遊びに来て困っています。

閲覧数543 回答返信数1 投稿日時2024.2.14 3:36

母親が月1〜2くらいのペースで関東に遊びにきます。嬉しい反面、平日を指定されて有給を使ったり、本当は入れたかった予定が入れられなかったりすることがあり、少し疲れています。

私は元々中部出身で、就職のタイミングで関東に越してきました。母は、私が関東に来てからかれこれ3年ほど、娘の私に会いに行くという名目でディズニーや舞台を観に関東へやってきます。
たまに付き合うのが親孝行だとは分かっているのですが、何度もディズニーや舞台に行くのはさすがに飽きてきたという気持ちや、貴重な自分の有給が勿体無いという気持ち、また、新幹線で来るのにそんなお金どこにあるんだろうという疑いがあり、疲れてきています。
これまでも、母に付き合って高校の終わりに何度も舞台を観に行ったりしており、それ以外でも母の過干渉なところが嫌でわざわざ関東に越してきたのに、いつになったら私は全て私のために時間が使えるんだろうと考えてしまいます。
母は還暦を過ぎており、ここ数年で兄妹が何人も亡くなっていることもあって「生きているうちにやりたいことをやろう」という気持ちが強まっているようです。しかし、私からすると節度がなくいつまでも満足しない活動に見えて、もっと頻度を下げられないかと思っていますが、過去に何度言っても改善されず、強く言うと反発するのでどうしようもなくなっています。
相談内容としては、①親孝行をしたい気持ちともう自分を手放して欲しい気持ちはどう折り合いをつけるといいんでしょうか?②母になんと言えば頻度を落としてもらえそうでしょうか?
何かいい案があれば教えていただきたいです。

回答一覧

  • 投稿日時2024.2.14 15:49
    水雲のアバター画像

    メンター 水雲 60代 女性
    プロフィールを見る

    まむみさん、こんにちは。水雲と申します。
    メンターカフェにお越しいただきありがとうございます。
    まず、就職を機会に実家を離れ関東に転居してきたまむみさんの行動力に敬服いたします。
    お母様は平日を指定しディズニーランドや舞台に一緒に行きたがるのですね。
    月に1~2回のペースはかなり多いですね。
    ① 親孝行をしたい気持ちともう自分を手放して欲しい気持ちはどう折り合いをつけるといいんでしょうか?

    親孝行とはいつまでも一緒に行動し、付き合ってあげることではないと私は考えます。まむみさんが身体的にも精神的にも経済的にもしっかり社会で独り立ちしていることが既に親孝行なのです。
    そしてお母様の誘いをきっぱりと断ることは決して親不孝なことではありません。お母様のまむみさんへの依存を断ち切ることもお母様の精神的自立の援助となりそれも親孝行なのだと私は考えます。
    お母様はまむみさん抜きでも自分で楽しみ、仲間を作り今後の人生を楽しんでいける道を娘の為にも、自分で作らなければならないのですから。

    ② 母になんと言えば頻度を落としてもらえそうでしょうか?

    有給は自分の体調が悪かったり、急な用事に使用したい貴重な休みですよね。その有給は自分の休養や自分だけの楽しみの為に使いたいということを説明し、今のままの頻度で来たとしても有給は使えず一緒には行動できないし、色々付き合えないことを話し、まむみさんの身体の為にも頻度を減らしてほしいとお願いするのはいかがでしょうか?
    せっかく関東に来て干渉から逃れたのに、あまりの上京頻度がまゆみさんを息苦しくさせてしまっていることをお母様にどうか理解していただきたいですね。

    続きを読む