ぽよこのアバター画像

ぽよこ
プロフィール

30代

引っ越しの不安

閲覧数2573 回答返信数4 投稿日時2023.4.19 7:10

長年重い免疫疾病で実家暮らしのため彼氏とは遠距離です。家事や簡単な身の回り事、近場への車移動などでも些細なトリガーで死にそうなほど悪化するので難しく、彼氏の住む山に引っ越すのが自信がありません。このまま時間の経過を待っていても病状の改善の兆しはなさそうな気がするし気持ちは早く行かなければと思っているのですが。自分の体調が信用できない経験ばかり積んできたせいで病状に対してマイナス思考が暴走して仕方がないです。それを住み場所の不満と取り違えられる事がまたプレッシャーです。そういうこともあり最近は感情が露わになることが出てきて、一部の荷物を送り始めたものの、いざ送ったらソワソワ不安感でパニック状態です。買い物は今まで通りネットで、家事は業者さんに頼む事もありですが、まずは短期間の滞在から慣らしていきたいと理解してもらおうと思ってます。でももし具合が悪くなれば住み場所の不満と思われるのでは、と気が重いです。何だかどうしていいか分からなくなってきました。

回答一覧

  • 投稿日時2023.4.19 15:32
    タソのアバター画像

    メンター タソ 30代
    プロフィールを見る

    ぽよこさんこんにちは。
    免疫疾病は様々な症状が出て、人によっては日常生活や社会生活がかなり難しいという方も少なくないですよね。
    うちも父が免疫疾病で腸が悪かったため、移動の時や外出時のトラブルなどを共に経験しておりお気持ちとてもわかります。
    疾病を持っている人にとっては、すぐに病院にいけない、家に帰って休めないなどは本当に不安ですよね。
    短期の滞在から本当に生活が可能かどうか確かめていくことはとても賢明な判断だと思います。また、それと同時に対応が可能な良い医師や病院があるかどうかもぜひ確かめるべきだと思います。

    彼氏さんには、まずこの疾病がどのような原因のものでどういった症状があるのか、また症状が出てしまったときにどのように対応してほしいかなどを正しい情報で伝える時間が必要だと思います。
    その上で、本当に生活ができるのか一緒に確認していきたいととお伝えするのはいかがでしょうか

    一緒に生活していれば、かなり理解も深まると思うのでわかっていただけるような気がします。
    また、やはり無理があるようならば、1か月に数回訪れるなどの付き合い方も全然問題ないと思います。特に難しい病気だと思いますので、良いお医者さんの側に暮らせるという方を優先してお体を大事にしてくださいね。また、短期滞在からの新生活もやってみたら肌に合ったり、新しい出会いがあったりするかもしれません。
    少しずつ進めてみてくださいね またご相談ください
    続きを読む
    • 投稿日時2023.4.20 19:40
      ぽよこのアバター画像

      ぽよこ 30代
      プロフィールを見る

      タソ様 お返事ありがとうございます。ご経験のある方のご家族からお返事頂けると思っていなかったので嬉しいです。
      タソ様から1か月に数回、と言って下さって心が軽くなりました。「定住」とか「骨をうずめる」等の言葉が頭の中で占めて、やっぱりプレッシャーだったんだと気付きました。

      今まで彼氏には症状の話など自分では説明しているつもりでも、あまり詳細を話しすぎると嫌われるんじゃないかと思って控えめにしか言ってなかったのかもしれないです。話すべきことはきちんと話し合っていきたいと思います。
      早く投稿すればよかったです、ありがとうございました。
      続きを読む
    • 投稿日時2023.4.21 11:15
      タソのアバター画像

      メンター タソ 30代
      プロフィールを見る

      お気持ちが少し楽になったらとてもうれしいです。
      話し合いの場を作って真剣に伝えてみるといいかもしれませんね。
      ちなみに私も既婚1歳子持ちですが、夫は仕事の都合上月の半分程度しか
      家にいませんが特に問題なく生活できていますよ。
      また、適度な距離感も悪くないな、なんて最近は思っています
      良い方向へ向かうことを願っています。
      またいつでも相談してくださいね
      続きを読む
    • 投稿日時2023.4.22 20:27
      ぽよこのアバター画像

      ぽよこ 30代
      プロフィールを見る

      タソ様 ありがとうございます。夜勤帰りを山の中待つのが不安なんですが、適度な距離があった方が私の場合もお互いにもよいかもしれないと気づかせて頂きました。助けてもらってばかりでは相手も疲れてしまうかもしれないです。
      昨日から荷物の梱包を再開しています。少し急ぐだけで翌日の体調に影響し辟易してます。移住の方は体調次第で無理そうなら延期したり、少しづつ様子見でまたチャレンジします。また相談させて下さい...
      m(><)mありがとうございました。
      続きを読む