そらいろまるのアバター画像

そらいろまる
プロフィール

60代

掃除ができなくなりました。

閲覧数244 回答返信数4 投稿日時2022.10.30 2:48

嫁いだ家は想像を絶する物に溢れていて、自分の部屋も端まで行けません。最初は1日置きに掃除機を掛けていましたが、脚を悪くしたこともあり、氷山の一角でも少しずつやろうと思っていた片付けも億劫になり、そうこうしてるうちに、誰も来ないならと、何をするのも嫌になりました。そもそも、ほとんどの物は私の意思では捨てられません。
私のお金で片付け業者とハウスクリーニングを入れ、親戚や友達も気軽に招き入れられる綺麗な家で心機一転スタートしたいのですが、夫は前向きにならず、それに甘んじた生活を送り、ぐうたらに輪を掛けてしまった自分に毎日が自己嫌悪です。
とりあえず、自分ができる範疇だけでも家を掃除したり、片付けをする気力が欲しいです。このままこの家で生活するなら死にたいです。

回答一覧

  • 投稿日時2022.11.17 09:13
    ニコハナのアバター画像

    メンター ニコハナ 40代
    プロフィールを見る

    そらいろまるさん、はじめましてニコハナです

    物が多いお家に嫁がれて、お義父様も見送られた後、お家を整理したいのに自分のものではないから勝手に処分できないし…という状況…色んな葛藤で心中穏やかにいられないですね

    さらに、ご自分も脚を悪くされて、パワーがものすごく必要なのに身体も思うように動かない!ヤキモキしますね

    そらいろまるさんのご主人もどうすれば良いのか、判断出来ない状況に陥っているのではないでしょうか?

    ご主人と話し合って期限を設けてはいかがでしょうか?

    「1ヶ月以内(あまり期限は長くしない方が良いかと思います。最高でも3ヶ月くらい)に必要なものと不必要なものを仕分けして欲しい
    期限を過ぎたら仕分けが出来ていても出来ていなくても業者に入ってもらって、お家を一掃しましょう

    思い出はとても大切で、宝物

    でも、全てを残しておくと、お家も自分達の生活も心も埋もれて行ってしまう

    本当に大切なものだけを宝物にしてとっておきましょう

    自分達で判断できないから、第三者である業者を入れましょう」

    と。

    お役に立てた回答になっていれば良いのですが…

    そらいろまるさんが、自己嫌悪に陥る事なく、片付け業者とハウスクリーニングを入れ、親戚や友達も気軽に招き入れられる綺麗な家で心機一転スタート出来ることを陰ながら応援しています^ - ^
    続きを読む
    • 投稿日時2022.11.19 10:55
      そらいろまるのアバター画像

      そらいろまる 60代
      プロフィールを見る

      ニコハナ様
      ご丁寧なご回答をありがとうございました。
      少し前に夫に「来年こそ業者をいれよう」と言っていましたが、ご回答を頂いてから「私の部屋と亡義父の部屋だけでいいから、来年半年以内に業者を」と期限をつけてみました。
      半年は長めですが、前半は、私の想定を繰り返し伝えようと思います。
      夫は私にお金を出させたくないという気持ちと(しかし自分にも余裕はない)、大好きだった義母の物は捨てたくないという気持ちが大きく、先に進めないようです。
      来年こそ業者を入れる方向に進めたいです。

      返信の仕方が把握できず(ネット関係は苦手です)、ご返信が遅くなり申し訳ございませんでした。
      気持ちも一歩進んだように思います。
      ありがとうございました
      続きを読む
    • 投稿日時2022.11.19 11:47
      ニコハナのアバター画像

      メンター ニコハナ 40代
      プロフィールを見る

      そらいろまるさん、お返事をくださりありがとうございます

      ご主人の気持ちにも寄り添って、優しい奥様です^ - ^

      そらいろまるさんのお気持ちがしっかり伝わると思います

      返信の仕方分かりにくいですよねf^_^;
      全然気になさらず、また何かありましたら気軽にカフェにお越しくださいね♬
      続きを読む
    • 投稿日時2022.11.23 19:15
      そらいろまるのアバター画像

      そらいろまる 60代
      プロフィールを見る

      ありがとうございます。温かいお言葉に感謝です。
      来年、実践に向かったら、またご報告させてください。
      (返信の仕方がやっと理解できました。お礼が遅くなり、すみません。今後ともよろしくお願い致します。)
      続きを読む