解決済
あよよのアバター画像

あよよ
プロフィール

10代

昔ネットで見た書き込みがトラウマになって忘れられません

閲覧数4306 回答返信数2 投稿日時2022.3.14 21:13

ネットを始めたての中学生の頃に何も知らずに見た掲示板に書かれていた内容がトラウマです
当時はわからなかったのですが、どうやらそこは女性嫌いの人が書き込む場所だったようで「女に手足が生えてても無駄」「女はみんな風俗嬢か飯炊き女になるべき」「染色体が少ない劣等生物」「閉経した女は生きてる価値がない」などの強烈な書き込みが多く、今も思い出してしまいます。
ネットやSNSを使っていると意図せず似たような書き込みを見てしまうこともあり、頭から離れません。
また、父や男友達と話していても本当はそういうふうに思われているのかなと考えてしまったりします。
どうしたら気にせずにいられるでしょうか。

回答一覧

  • 投稿日時2022.3.14 22:49
    ニコハナのアバター画像

    メンター ニコハナ 40代
    プロフィールを見る

    はじめまして、ニコハナです。

    カフェにお越し頂きありがとうございます。

    中学生でかなりショックなサイトを見てしまいましたね。大人の私でも引いてしまう内容…見なければよかった!って思っちゃいますよね。

    SNSって上手に使えばとても楽しいし、有意義に使えたりします。でも、一歩間違えるとあよよさんが見てしまったサイトのようなものもあり、とても気分が悪くなるものも沢山あります。

    心が満たされてない人やそれこそ女性に何かしらのトラウマがあった人が書き込んでいるのかもしれませんね。

    あよよさんのお父さんや男友達は、そんな変な事を平気で言ったり態度に出したりする人達ですか?

    そんな人達ではないですよね?

    SNSは半ば架空の世界。現実の世界であよよさんが実際に見て感じた事が真実です。

    あよよさんが実際に見て感じた事を安心して、そのまま受け止めてください。

    あよよさんは、お父さんや男友達に対して、書込みのようなひどい考えは持っていないと思います。それと同じ。

    時には怖いもの見たさで見てしまう!ってあるかもしれませんね。でも、気分悪いものはすぐに見るのやめましょう。あーこんなのあるよね〜でスルーしましょう。

    一部の人にそんな人いるんだな〜と客観的に思うだけにしましょう。
    あよよさんのいる世界とは別。安心してください。

    少しでも早くトラウマ=心の傷が治りますように(*´꒳`*)
    続きを読む
  • 解決
    投稿日時2022.3.16 03:05
    透明な水のアバター画像

    メンター 透明な水 40代
    プロフィールを見る

    あよよさん、カフェへようこそ。

    私の10代の頃の経験談です。

    ある本の中のひとつのフレーズをうっかり読んでしまいました。
    そしたらその後、「このフレーズを覚え続けていると二十歳まで生きていられない」
    と書かれていたのです。

    とっさに、とんでもないものを読んでしまった!と後悔しました。

    それからというものの毎日毎日そのことが頭を離れず、誰にも話せず、ひとりで落ち込み続けました。
    忘れよう、気にしないようにしよう、忘れようとするほどに頭と心に印象深く刻まれていきました。

    しかし、時がたって数週間に一回、数か月に一回、数年に一回、、知らないうちに思い出す頻度も下がり、やがて健康なまま二十歳を迎えていました。
    そのフレーズは40代の今でもしっかり覚えていますが、このように生き続けています。
    今となれば過去の出来事ですが、10代の自分は真剣に悩み続けていました。

    あよよさんに伝えたいことは、
    一生けん命忘れようとすると、かえって余計に覚え続けてしまう。
    書いた人は読み手がどう思うかなんて一切気にしていない。
    あよよさんの伝えてくださった文章、「女」をすべて「男」に変換して捉えたとしても、きっとあよよさんは男性のことそんな風に思わないですよね。

    通りすがりの人が後先考えず色んなことを思うがままに書き込む掲示板、インパクトが大きいのでそれを人類の大多数と思ってしまうのはわからなくもないですが、おそらくそんなわけないと私は思います。

    むしろそんな通りすがりの人のせいでお父様や男友達がそう見られてしまうこと、お父様や男友達がかわいそうだと思うのです。
    あよよさんが接している中で感じるお父様や男友達の態度は決して女性を軽んじている態度ではないと思います、いかがですか。

    ぜひ、見ず知らずの人の言葉より、あよよさんがリアルのコミュニケーションから感じたことの方をを信じて欲しいと思います。
    きっとこれからも見たくもないものがうっかり視界に入ってしまうこともあるかも知れません。

    そんな時も、いつだって信じるのは他人の感性や言葉ではなく自分が感じたことが第一だと私は思っています。
    なかなかそうなれない時もありますけど、できるだけそうしたいと思っています。

    あよよさん、無理して忘れようとしなくて大丈夫です。
    必ず、時が解決しますよ。

    またいつでもお立ち寄りくださいね。
    続きを読む