40代

夫がいるといなくなりたくなる

閲覧数754 回答返信数3 投稿日時2024.3.14 11:43

専業主婦です
夫がだらしがなく、家のことも何もしません。あいさつも出来ず、おはようおやすみただいまおかえりいただますごちそうさまありがとうごめんね、全く言えず、子供がただいまと帰ってきても無視、子供におかえりと言われても無視。

休みで家にいても、子供の習い事の送迎もしません、買い物も連れて行ってくれず、子供をお風呂に入れてもくれず、夕食を支度して出すと、自分のご飯を買いに行き、家のご飯には手をつけずみんなに背を向けてかきこんで、買ったときのビニール袋もゴミも食卓に山積みにしてリビングであぐらをかいてスマホゲームをしています。ゴミは基本的に捨てません。脱いだ靴下もダイニングテーブルの上に置きます。

注意すると機嫌が悪くなり、怒鳴ったり、ずっとため息をついたり、あー!と叫びながら頭をぐしゃぐしゃかいたり、目の前にずっと立たれたり、子供を無視し、それでもつきまとう子供にうるせえな!と怒鳴ったり、手近なもので子供の頭をはたいたりします。

病気の後遺症で仕事を探すにも制限があり、離婚という選択肢はありません。いなくなりたいと思いつつ、子供がどうなってしまうのか心配で、思いとどまります。義母とは価値観が合わず不仲なので、子供を義母が育てることになったら子供が悲しむだろうなと思います。私は仲良しで温かい家庭で育ったので、子供も私の家族と仲良しです。でも跡取りもいるのでそこで暮らすことは出来ません。
夫のお金でカウンセリングなどに行くことも出来ず、今日は内職など探していました。いなくなりたいです。

回答一覧

  • 投稿日時2024.3.21 15:33
    タソのアバター画像

    メンター タソ 30代
    プロフィールを見る

    maiさんこんにちは
    旦那さんの行動を見ていると、少し心の不調があるのかな、と感じてしまいました。何が原因となってそのような行動をされるのかという点について、お子さんがいない場所でお話をゆっくり聞いてみても良いのかな、と思います。
    場合によっては旦那さんにカウンセリング等が必要かもしれません。
    maiさんは病気の後遺症がおありで離婚はお考えではないとのことですが、
    確かにお金に余裕ができることに加え、お仕事をはじめられたりすると、少し家庭の雰囲気が変わったりと変化があるかもしれません。
    資格取得や在宅ワークの仕事などを中心にお探しになるか、また、後遺症の状況を伝えた上でエージェントに探してもらうなどもできます。また、クラウドソーシングなどで
    少しずつ実績を作るのもありかもしれません。
    一番はご夫婦で今辛いことがあるのか、心への引っかかりがあるのかということについてヒアリングされることだと思います。
    ご参考になれば幸いです。
    続きを読む
    • 投稿日時2024.3.22 00:15
      ご回答ありがとうございます。
      夫は母子家庭で、盆も正月も朝起きた時も夜寝るときも家で親と過ごしたことがないそうで、毎日机の上にある100円で食事を買って食べていたそうで、朝晩カップラーメンを1人で食べて、家庭で交わされる当たり前のあいさつも知らないのかもしれません。なので家のことも子供のことも10:0で母親がするのが常識だと思っています。私の家庭環境は異常だと思っているようです。
      資格取得など資料を取り寄せたりしてみていますが、資金がなく、始めることが出来ません。カウンセリングも手が届きません。市の無料のものは行きましたが、病院のカタログを紹介されるだけでした。
      仕事をしたくて病気のことなど踏まえてハローワークで相談したこともありますが、無理だとつっぱねられるだけでした。エージェント、クラウド…知らない言葉が沢山出て来て、勉強不足ですね、なんとか月3万くらい収入を作るのが目標です。
      お忙しい中、ご意見頂きありがとうございます。
      続きを読む
  • 投稿日時2024.3.24 16:24
    ミチコのアバター画像

    メンター ミチコ 60代 女性
    プロフィールを見る

    haru様

    タソさんの回答に対するharuさんの返信を読み、ご連絡させてもらいました。

    お義母様の子育てに心を動かされました。

    今から30数年前のことになるのでしょうか。当時のシングルマザーは今ほど行政の子育て支援も無く、本当にお一人で頑張って来られたのですね。

    この令和の時代でも、haruさんがハローワークで相談して冷たく扱われた事から考えても、お義母様が当時どんなに苦労されたかと思うと感動すらしています。

    そして、そんな孤独な子育ての中よく息子さんを真っ当に育て上げ、夫である息子さんもよくお義母様に応えて立派になられたと私は思うのです。悪い道に行ってしまう人も多かったでしょうに。
    本当にすごいことで、私は頭が下がる想いです。

    haruさんのお悩みの回答にはなっていないと思いますが、どうしてもお話したくてこちらに書かせてもらいました。

    病気の後遺症が少しでもよくなリますように願っております。



    続きを読む