30代

義実家が何よりも最優先の夫

閲覧数1121 回答返信数2 投稿日時2023.12.4 0:39

結婚3年目です。義実家のサポートと生活の両立に悩んでいます。

結婚するとき夫から「両親が高齢で心配だから地元に住みたい。」と言われ、私の両親は幸い元気で何も心配いらなかったのであまり深く考えずに了承してしまい、夫の実家の近所に住んでいます。
そのため、夫は休みのたびに必ず実家に家事や通院の手伝いに行き、長いと朝から晩まで連絡無しで帰って来ません。新婚当時からずっと放って置かれ、夫は私が一人の時間が出来てのんびりできていいだろうと思っているようですが、私は夫婦の時間が少なすぎて寂しくて辛いとしか思えませんでした。一人の時間は貴重だと思いつつも、例えば趣味や勉強など前向きに過ごすことがなかなかできず、それもまた自己嫌悪になりました。
家で二人でご飯を食べていても、たまに買い物で出かけていても実家から連絡があれば即中断して飛んでいきます。

ですが私が不満の一つでも言おうものなら夫は「じゃあもう実家には行かない」と不貞腐れて引きこもります。勿論行くなとも言えないですし、喧嘩の原因はいつも義実家のことが原因です。
一方で私の実両親は元気なので何も干渉してくることも手伝うこともなく、現時点では常に義実家を中心にこちら側の休日の予定が決められていく状況です。
夫は夫で疲れ切っているときもあるので心配で、せめて気分転換に近場でも良いから旅行に行きたいと言っても、「実家の手伝いがあるから無理。」と突っぱねて検討すらしませんでした。そのような状況なので当然新婚旅行は行っていません。

友人に相談したところ、「ご両親思いの良い旦那さんだね。」と言われ、私が冷たい人間なのかと思いました。確かに親からしたら、結婚しても毎週実家に来てくれる息子は優しくて一番頼りになるのは間違いないと思います。
私の親もいつかはサポートを必要とし、逆に私が家を空けることも可能性として充分あり得ることは分かります。夫は他に頼れる親族がいないため親が心配で頻繁に見に行かなければ落ち着かないのも理解しています。でも、夫婦二人でお出掛けすることも叶わず、結婚したはずなのにいつも一人で街の家族連れを見ながら過ごすことにももう疲れてしまいました。
結婚とは相手方の家とも付き合いがあるものですし、最近は、夫を受け止めてあげられない私自身が結婚に向いてないのではとすら思うようになりました。ご意見聞かせて頂けると幸いです。

回答一覧

  • 投稿日時2023.12.4 16:51
    nobuのアバター画像

    メンター nobu 60代 女性
    プロフィールを見る

    かめさん、ご相談を頂き、ありがとうございます。ご主人と一緒に過ごしたいお気持ちは、良くわかります。文面ではご主人のご実家には、ご主人がおひとりで行かれているようですが、かめさんもご主人と一緒じ行動されて、ご主人のご実家にも一緒に行かれては如何ですか?結婚されてご主人の家の方になられたのですから、ご主人と一緒にご実家にかえれれるのが良いと思います。義父様も義母様も喜ばれるでしょうし、ご主人だってうれしいと思います。ご主人のご実家は、かめさんのご実家ですよ。私は結婚して41年になりますが、常に主人と一緒に動きます。同窓会や一人で行かなければいけないところは、もちろん行きませんが、それ以外は、一緒に動きます。かめさんもgぉ主人と一緒い行動されれば、いつも一人ではなく、会話も共通の事がでてくると思います。親思いは、わるい事ではありません。一人でいるより、ご主人に、わたしも一緒に連れて行って、お父さんとお母さんに私も会いたい。と言ってみてください。ご主人も喜ぶと思います。
    続きを読む
    • 投稿日時2023.12.4 20:15
      nobu様 ご回答頂きありがとうございます。
      おっしゃる通り、結婚したからには相手方とも家族になるということですよね。親想いであることは何も悪いことではないのも同意です。

      私の相談内容に言葉足らずなところがあったので、申し訳ありませんが補足します。
      結婚当初は二人で頻繁に義実家に行っていました。ですが一日に何ヶ所も回って用事を済ませるのに時間がかかるからと夫が遠慮して「来なくて大丈夫」と言います。荷物運びなど人手が必要なときは勿論行きますが、義両親も私に「来て」とは言いません。
      またよく行っていた時期は、義家族の中では自分の居場所がないと感じていました。それでも妻の務めとして一緒に行くべきでしょうか。
      ちなみに夫が私の実家に行くのは年一回で、二人一緒で毎週夫の実家を訪れることは、私の我儘と分かりつつも不公平感が拭えません。
      ネガティブな考えになってしまいすみません。



      続きを読む