30代

日々の繰り返しが辛いです。

閲覧数390 回答返信数3 投稿日時2022.9.12 19:43

2年ほど前に転職して、現在契約社員で大手のグループ会社で働いています。
web関連の仕事で、年収は420万ほどです。
大手グループなのでそれなりにしっかりした会社で、福利厚生などもあり、休みも取りやすく、残業も決して多くないです。
意地悪な人などにも今のところ出会っていないです。
コロナの今はテレワークも許可されていて、恵まれた職場だと思います。

ですが、仕事が楽しいと思える瞬間が全然なく、
就業中ずっと苦痛を感じ、定時になるとようやく解放された!という気持ちになります。
土日だけが安らぐ時間ですが、
実際に週末になってみると、1日15時間くらい寝ていて、
それ以外の時間はスマホをいじったり電子書籍を読んだりして
とにかくずっとスマホを触っています。
料理を作るのも億劫で、コンビニ、冷凍、カップ麺でほとんど済ませています。

平日は苦痛を感じながら過ごし、土日は廃人のように過ごし、
人生を消化試合のように過ごしています。

外に出るにも、外出が苦手で外出のことを考えると不安感を感じ、
本当に行かなくてはならない用事(歯医者や美容院など)がないと
外に出られません。
ゴミ出しすら、結構負担に感じます。
心療内科で薬を貰って一年半ほど飲んでいますが、
なかなか改善しません。
生きている意味がわかりません。
やりたい事も特になく、趣味もなく、それをやる気力もなく、
毎月習い事などをするお金の余裕もないです。
友達もほとんどいないので人と会う機会もかなり少ないです。
親が生きているので自殺しようとは思いませんが、
明日目が覚めなくてもいいな、寝てる間に事切れていても別に良いな、と思います。
どうしたらいいんでしょうか。

回答一覧

  • 投稿日時2022.9.13 22:48
    しばたろのアバター画像

    メンター しばたろ 30代 男性
    プロフィールを見る

    ルルさん
    こんばんは。ご相談ありがとうございます。
    ルルさん今とてもしんどいですね。
    辛い気持ちがすごくよく伝わります。
    そうした中で長く働き続けていること、
    とっても頑張り続けているんだな・と思いました。

    なぜか仕事や生活にエネルギーが出ないこと、
    人や仕事内容ではなくて、どうしても合わないことも
    私もよくよくあります。
    そういう時ってどうしたらいいのか、わからないですよね。
    なので私は気がすむまでダラダラしています。

    同じようにルルさんも身体や心はぜひ土日など、
    気兼ねなくお休みさせてあげてください。
    外出や食事も、自分を甘やかしてあげるといいと思います。

    もしご家族が遠くでなければ、土日や平日有休をとって
    ご実家に行くことむおすすめです。
    (ルルさんがご実家で落ちつけそうであれば)
    ご飯や洗濯などご家族に甘えられると、少しリフレッシュできるかもしれません。
    エネルギーが無い時は、まずは自分を大切に、省エネで、
    周りに少しでも甘えてください。

    何か行動したり考えたりするのは、エネルギーが貯まったらで
    全く急がなくていいと、私は思います!
    何か考えてしまったり、こんなことが引っかかってる・
    といった事があれば、抱えずに、
    私やメンターにお気軽に教えてください。
    ルルさんのこと、応援しています。
    続きを読む
    • 投稿日時2022.9.15 17:43
      返信ありがとうございます。
      実家にはたまに帰っていますが、
      実家から戻って来た後に寂しさと環境の変化でメンタルを崩してしまいます。
      両親との関係は良好ですが、
      実家は地方なので「友達の友達は友達」のような人間関係の狭さがあり、実家に戻る選択肢は避けたいです。
      八方塞がりで生きていて苦しいです。
      続きを読む
    • 投稿日時2022.9.15 19:03
      しばたろのアバター画像

      メンター しばたろ 30代 男性
      プロフィールを見る

      ルルさん
      こちらこそ、ご連絡いただき感謝です。
      ご状況も詳しく教えていただきありがとうございます!
      ルルさん本当に、いま辛いですね。。。

      「友達の友達は友達」のような狭さ、
      すごくイメージがつきます。
      なかなか地元に戻るという選択はしづらい、
      というお気持ちもよく分かります。

      選択肢がなく困っていらっしゃるということだけでも、
      一緒に打開できたら、と思いまして1つご提案させてください。
      ネガティブから考える・という選択肢の見つけ方もございます。
      ①「これだけは絶対嫌だ!」というものを書いてみます

      社会人3年目で仕事を探していた頃の私の例 
      ・地元にだけは絶対戻りたく無い
      (私もすごく狭い地方出身で、地元は戻りたくありませんでした)
      ・身体を使う仕事は続けられない
      (ひどい腰痛持ちのため)
      私はこの2人が絶対無理だと思っていました。

      そうすると、②それ以外は、選択肢になる・というものです。

      まずはルルさん自身を甘やかしてあげて、
      これから暮らしている中で、「これだけは嫌だ」ということ以外で、
      「おっ」と思ったことを、少しずつ増やして、
      選択肢が1つでも増えたら・と思っています。

      あとは東京都のサポートもぜひぜひご利用ください!
      メンターカフェは匿名ですが、
      東京都保健福祉局「ここナビ」では、LINEや電話相談ができます。
      https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kokonavi/?gclid=EAIaIQobChMIwLijysOW-gIVRFtgCh1Y5AA1EAAYASAAEgIJQfD_BwE#chart
      具体的にルルさんにお話を聞きながら、
      担当者が一緒に考えてくれます。

      ぜひ少しでもルルさんの辛さが和らぐような、
      何か参考になれば幸いです。。

      続きを読む