20代

趣味を馬鹿にされて許せない

閲覧数4046 回答返信数1 投稿日時2021.4.16 13:18

ミュージカルや音楽が好きでバレエを習ったり、宝塚などの観劇を趣味にしています。趣味として楽しんでいますし、楽しい音楽を聴いて、体を動かしてリフレッシュしています。ただこの趣味は大人になってからはじめました。子供の頃から興味はあったのですが、環境的に難しく楽しむことができませんでした。ただ周囲には理解してもらえてません。バレエは「30歳近くなって新しいことを始めても難しい、まだ宝塚に憧れてバレエを習ってる」と言われてしまいます。宝塚も前の会社の意地悪で40歳過ぎて結婚したようなお局さんに「まだ宝塚好きなの」と私の退職時に馬鹿にしたように言われました。その時は言い返せなくて趣味を否定されて内心悔しかったです。バレエや宝塚などの趣味を否定されたときに、どう言い返したり対処したりすればいいのですか。また趣味を否定した人間に謝らせたり、認めさせたりするにはどうすればいいのでしょうか。また私はバレエや宝塚が好きですし、それを楽しむのは間違っていないと思いますが、否定する人たちの意見の方が正しいのでしょうか。今でも馬鹿にした言葉を思い出すと腑が煮えくりかえってイライラしています。

回答一覧

  • 投稿日時2021.4.16 13:18
    プンティのアバター画像

    メンター プンティ 30代 女性
    プロフィールを見る

    本サイトへの書き込みありがとうございます。

    職場の方々のそういった態度、対応はとっても残念ですね・・。
    嫌な気分を味わったことお察しします。

    何を好きになろうが、個人の勝手ですよねっ。
    私もアラフォーですがバレエを習ってみたいと思っているので、実際に行動されているもふさんはうらやましいです★

    職場の人たちはきっと、自分たちの好きなものや認めたものしか、他人の趣味であったとしても認めることができないのでしょうね・・。
    趣味なんて人それぞれなのに・・。

    ただ、いちいちそれに反応していてもストレスになるだけですから、無視して、好きは好きで自分の趣味に没頭された方が良いのではないでしょうか?
    嫌なことを言われても、「まぁ、これは私の趣味なのでね・・」くらいにしておいてはいかがでしょうか。

    また嫌なことがあったらぜひこの掲示板でご相談くださいねっ。
    続きを読む