20代

犯罪被害のトラウマから抜け出せません

閲覧数541 回答返信数5 投稿日時2022.8.7 5:19

同棲相手から数年間同意のない性交渉をさせられていたことでトラウマを負いました。

6年間交際していたうちほぼ4年に渡って
性交渉を断ると激しく不機嫌になり、明け方まで説教され、応じるまで解放してもらえませんでした。
避妊具も決して使用してもらえませんでした。

借金の連帯保証人を断った際に
「一発殴って、土下座させて、家から追い出したい」と
暴力を示唆されたため、隙を見て家出し
その後も帰ってくるようにと家庭裁判所での調停まで起こされましたが
今は関係を絶っています。
彼は今弁護士をしています。

被害届を出そうと警察へ行きましたが
証拠が散逸しているのを理由に諦めるよう説得されました。
公の相談窓口に勇気を出して電話してみましたが
「声を上げると逆に名誉毀損として訴えられる恐れがある」と
意味のわからないことを言われ、
公共機関への信頼は完全になくなりました。

重いptsdで苦しみ続けていますが、
医療機関も事務的な投薬と対応が機関として当たり前なので、精神科の通院は望んでいません。

弁護士資格があるというだけで社会の人や彼のご家族もみんな彼を一目置いていて、
私ばかり許したり忘れたりすることを強要されます。

男性不信になったことで「どうして彼氏を作らないの」「新しい出会いを見つけなきゃ」と不快な興味を持たれ、
頑張っていた仕事もセクハラを苦に退職しました。

自分を責めないでと言われますが
私が弱かったのは事実です。
世間は「抵抗できたはずだ」の声であふれかえっています。
実際相手もお咎めなしなのだから、私が何を言おうと意見のうちに入らないのだと実感しています。

無理やり次に進もうと、遊んだり見た目を強そうに見せる努力をしてきましたが、トラウマの苦しみや無神経な男性たちの前では全て無駄でした。

何も感じたくなくなり、友人たちとの交流も断ち切り引きこもり始めて2週間経ちます。
「頑張っても無駄」という思いでいっぱいで、苦しみを無視して仕事を探しながら、同じ目に遭わないように自殺を検討しています。

助けてほしいかどうかももうわかりません。
自分を甘やかそうとか、運動を勧める(もうやっています)等は控えていただきたいのですが、
ご意見がありましたらどうぞお願いいたします。

回答一覧

  • 投稿日時2022.8.8 00:04
    透明な水のアバター画像

    メンター 透明な水 40代
    プロフィールを見る

    mさん、助けて欲しいかどうかわからないときに気持ちを書き出してくださりありがとうございます。

    読ませて頂き率直に感じたことを。

    通院するべきなのは、真に壊れているのは間違いなく元同棲相手だと思います。

    mさんは心底辛い状況や理不尽なことに囲まれても、地に足をつけてご自身や周囲を見渡している。
    大変クレバーな方だと文章から感じました。

    そして、無自覚かもしれませんがmさんは実際のところ好意を持たれやすい、何らかの魅力をお持ちでもあるはずです。
    今まではそのことから辛いことも起きてしまっていますがいずれ心身のパワーが充電された時には、クレバーなmさんならその魅力を冷静に受け止めて理解し、また違った周囲との関わり方を見出せるのではないでしょうか。

    根源から逃げ出せたこと、関わりを絶てたこと、決して容易にできることではありません。

    諸々、文章から感じたことなので的外れでしたらお許しください。
    続きを読む
    • 投稿日時2022.8.8 15:59
      透明な水さんへ

      答えにくい相談にコメントをありがとうございます。
      まずは心からお礼を申し上げます。

      地に足をつけた考え方は両親から28年間虐待を受けていた状況から学んだものです。
      自分たちの勝手な気分の八つ当たりを、さも正しいしつけかのように大いばりして子供の人生を台無しにする、
      会話の成立しない幼児のような大人に囲まれて
      相談に乗ってくれるはずの学校や地域の大人から見て見ぬふりをされたり、むしろみんな親を庇ったりしていたので、
      少しでも大事なものを壊されないよう守るためには相手の心理や状況を冷静に予測することがどうしても必要でした。

      相手の気持ちを読み取るのが得意なのと同時に
      同情心が強いので、
      小柄な女性ということも手伝って
      男性からはものすごく魅力的で、何より都合のいい存在に映るようです。
      いくら嫌なことは嫌だと言っても彼らは「そんなはずはない」と言わんばかりに全く私の話を聞いていません。
      私が生きた人間だという発想を持つ気は最初から最後までないかのように、何がそんなに嫌なのかとキョトンとし、理想通りになれと説得してきます。
      最初はまともな人たちでも、私がそういう身勝手な部分を引き出してしまうのだそうです。
      何度も怖い思いをしましたが、まともに声をあげても、どんな努力をしても、誰も助けてくれないので自分の気持ちがどうでもよくなりました。

      元はすごく優しい性格でしたが
      自分でねじ曲げて意地悪なことばかり思うようにして、嫌われるために表に出すようにしています。
      世界にとって私が魅力ある人間だったとしても、
      その魅力を提供するだけの価値が世界にあるとは私は全く思いません。

      辛い思いをしてきた人間からはそれなりの陰みたいなものがあります。
      これがある限りまともな人間からは敬遠され、心が弱くて壊れた迷惑な人たちが群がります。しっかり生きることは世の中から許されないと確信しています。

      いくら無理に希望を持とうが、生き延びられない特徴を持って生まれたからには道理が通らないのだと思います。

      人に好かれないことだけを生活の中心にしてきましたが、不愉快なのでもう疲れました。
      ストレスと過労で弱っている間にコロナにかかりました。来月からの生活費がないので、そこで自殺しようと思っています。


      続きを読む
    • 投稿日時2022.8.8 18:07
      透明な水のアバター画像

      メンター 透明な水 40代
      プロフィールを見る

      親や周囲から受けた色々は40代半ばになった今でも無かったことにはできないです。

      私の父は母に手を挙げていました。
      バブル崩壊によって事業がうまくいかなくなり父はおかしくなっていきました。
      母は首を絞められたり風呂に沈められたりボコボコに殴られて血だらけになったり、中高生だった私は誰にも言えず何度も救急車を呼ぶことしかできませんでした。
      明らかにDVなのに、母は救急隊には「階段から落ちた」とか「ベランダから落ちた」と云い父を庇い、あげく「一人暮らしのお姉ちゃんには心配かけたくないからこのことは言わないで」と私ひとりに抱えさせました。
      救急隊も本人がそう云うと何もできないのか、DVとわかっていても助けてはくれませんでした。

      ある日、父が手を挙げている時に私は包丁を持とうと思いました。そうすればすべて収まるって本気で思いました。
      でもやめました。急に冷静になって、失敗して私が捕まったら母を助ける人が居なくなると思ったんです。

      mさんのおっしゃる
      >少しでも大事なものを壊されないよう守るためには相手の心理や状況を冷静に予測することがどうしても必要でした。

      という一節を読みながらひとりでゆっくり静かに頷いていたところです。


      前置きが長くなりました、
      コロナとのことでmさんの心身を心配しております。
      食べ物や飲み物など、都からのサポートがあるらしいことを聞きました。
      混みあっているのかもしれないですが、私だったらきっと何度も電話かけてしまうと思います。
      ご存知かもしれませんが念のためリンク張っておきますね。
      電話番号が載っています。

      ◆自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)
      https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/shien/uchisapo_tokyo.html

      近所だったら物資を届けに行きたいのですがそうもいかないですね、
      そんな気持ちだけは届けさせてくださいませ。
      続きを読む
    • 投稿日時2022.8.15 11:53
      透明な水のアバター画像

      メンター 透明な水 40代
      プロフィールを見る

      少し時間が経過しましたが体調はいかがでしょうか。
      症状には個人差があると聴きますが発熱や喉の痛みが強い方が多いようですね、mさんいかがでしょうか。
      また今週は暑さも戻るようですからぜひ水分補給をなさってくださいませ。
      お返事は不要ですよ、ゆっくり休んでくださいね。
      続きを読む
  • 投稿日時2022.8.10 11:26
    (管理者用)to_mentor1のアバター画像

    メンター (管理者用)to_mentor1 20代
    プロフィールを見る

     m 様

    TOKYOメンターカフェ運営事務局でございます。
    この度はTOKYOメンターカフェをご利用いただき誠にありがとうございます。
    ご投稿いただいた相談を拝見いたしました。
    m様の辛い思い、不安なお気持ちが伝わりました。
    今回いただいたご相談につきましては、東京都に「こころといのちのほっとライン」という電話相談窓口がありますので一度こちらへご相談してみてはいかがでしょうか?
    また、「相談ほっとLINE」ではLINEでもご相談いただけます。

    こころといのちのほっとライン
    電話相談 0570-087478
    【受付時間】年中無休 14時~翌朝5時30分

    相談ほっとLINE
    【受付時間】年中無休 15時~21時30分

    詳細は東京都福祉保健局HPよりご確認ください。
    「東京都こころといのちのほっとナビ~ここナビ~」

    https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kokonavi/
    続きを読む