うさぎのアバター画像

うさぎ
プロフィール

40代

自分が喪中なのに年賀状を出してしまいました

閲覧数3063 回答返信数2 投稿日時2022.1.5 11:47

昨年の春先に主人の母方の祖母が亡くなりました。
義祖母は叔父と同居していました。
コロナ禍の為、お葬式もなかったので香典を祖母の近所に住む義父に託し、その後叔父からも連絡も無くそれきりでした。

昨年秋ごろから自分の母の体調が悪く、その上年末はさらに忙しさで年賀状を1日で仕上げないとと追われるように急いで全ての親戚に出してしまいました。
自営業のため年賀状を作成するのは当たり前の行為なので何も考えられていませんでした。
それなのに親戚から喪中葉書が来ていないかは確認して、しかもわざわざ一言ずつ添えてしまうということは例年のようにしてしまいました。

そして今日、主人の義姉から年賀状が来ない事をなぜなのか考えていたら、自身が喪中であることをすっかり忘れてしまっていたことを思い出しました。
しかも義祖母と同居していた叔父にも年賀状を出してしまっていました。
主人もうっかりしていたのか、私の年賀状作成にも全く疑問も持っていませんでした。
自分の身内に不幸があったのにこんな失礼をしてしまい、祖母に対しての申し訳なさと、自分の心の狭さと情けなさに落ち込んでいます。
喪中の方への年賀状を出してしまった失礼は聞いたことがありますが、こんなことは聞いたことがありません。
年明けに電話した義父からは何も言われませんでしたが、流石に謝罪は必要かと思います。
しかしこんな失礼をどのように謝罪して良いのかわかりません。
もしかしたら大した悩みではないのかもしれませんが、誰にも言えず落ち込むばかりです。

回答一覧

  • 投稿日時2022.1.7 12:29
    プンティのアバター画像

    メンター プンティ 30代 女性
    プロフィールを見る

    うさぎさん、投稿いただきありがとうございます。

    まさかのうっかりですね!
    私も義妹から年賀状が届かず「相変わらず非常識な人」と思ってしまいましたが、
    実は彼女が喪中だったことを忘れていて、そんな風に思ってしまって悪いことしたなと反省しました。

    もし、電話する機会やお会いする機会があるなら、開口一番で謝罪をすれば良いと思います。

    これを機会に年賀状をやめるのも一つかもしれませんよっ。
    次の年賀状までにお会いする機会などがなければ、次の年賀状で、「昨年はご無礼を大変失礼いたしました。今回で年始のご挨拶は取りやめさせていただきます」といった感じで年賀状を出すのをやめればこういった失態を防げるのではないでしょうか。

    また、年末に1日で年賀状を仕上げたというのもかなり大変だったと思いますので、この労力も省けると思います。

    ご参考になれば幸いです。
    続きを読む
  • 投稿日時2022.1.9 15:12
    せとかのアバター画像

    メンター せとか 60代 子供のころは美少年
    プロフィールを見る

    うさぎさん、
    プンティさんもお書きでしたけど、お気になさることはありませんよ。

    会社の社長やオーナーなども、自分の身に起こったことは私事として、会社としてのお年賀状をお出しすることが殆どです。会社には、法人格というものがあり、社会的に別の人格と考えられているからです。
    年賀状は積極的に送られ、あらためて仕事をアピールなさる会社さんも少なくありません。
    うさぎさんが、奮い立って一日で書き上げられ、お出しになったのは、ご立派でした。たいへんでしたねー。

    正月に年賀状を使って会社の住所録を総ざらいさせるところも知っています。昨日弊社でも、一言書いて下さった直筆にそのお年賀状の社長と会社を思い出し、そういえば今年は、これを発注しようなどと、考えていました。コミュニケーションとしても、良いきっかけをもらえて感謝です。

    うさぎさんは、自営業をなさっておられるとのこと、自営業主としてお出しになった年賀状なわけですから、充分に理解されるものです。

    それを踏まえたうえで、義祖母様とご同居された叔父様には、一言、「お気に障りませんでしたか?ごめんなさいね。その後お疲れは残ってらっしゃいませんか?」というお言葉を、お伝えするとたいへんに丁寧ですし、うさぎさんご自身も、安心いただけるかもしれません。
    続きを読む