解決済
コッシーのアバター画像

コッシー
プロフィール

20代

理解してもらえない

閲覧数3609 回答返信数5 投稿日時2021.6.22 21:43

他の人には大したことなくても、私にとっては大事だった話をします
小さくて触角のある虫が部屋のシーリングライトに入って、ずっと生きていて気持ち悪かった
私は虫が嫌いで、殺虫剤で殺せるようになったけど、天井にいるのは怖かった
そこで友達に連絡して、取ってもらうことにしました
ちゃんとお礼用に出前を頼みました
友達は、来てから、先にご飯を食べるだのビール飲むだの言いました
そのあと退治に取り掛かりましたが、ライトの外側から虫をデコピンし始め、跳ねた衝撃で虫がどこに行ったかわからなくなった
私は、「酔っ払ったせいで、変なやり方をしたせいで、退治できたかわからなくなった」と責めたら、「こんな小さな虫殺せないのか」と言われ、悲しくて仕方なかった
もうその友達とも会いたくない
せっかく来てくれたのはわかっているけど

どうしたら気持ちがおさまりますか

回答一覧

  • 解決
    投稿日時2021.6.23 00:52
    花のアバター画像

    メンター30代 女性
    プロフィールを見る

    コッシーさん、こんにちは。
    ご相談ありがとうございます。
    虫に対する感覚って人によって全然違いますよね。
    私もコッシーさんと同じく苦手な方で、あの予測不能な動きがどうしても嫌です。。
    昔、家の中に入ってきた黄金虫にパニックになっていたら、親から『虫からしたら人間の方がよっぽど恐いよ』と呆れられて悲しかったのを覚えています。
    だから、お友達の態度にショックを感じるコッシーさんのお気持ちにすごく共感しました。

    ただ一方で、コッシーさんには、ピンチに駆けつけてくれるお友達がいて、素直に羨ましいなって思いました。
    昨年、マンションのベランダに蝉の亡骸が落ちていたんですけど、夫も虫が大の苦手で見ることもできず、結局私が、ほうきとちりとりで、鳥肌を立てながらもどうにか片付けました。
    何もできない私の夫よりコッシーさんのお友達の方がはるかに良いです‥涙
    なので、やり方は良くなかったかもしれませんが、お友達にコッシーさんを助けようとした善意があったのであれば、許してあげてほしいなと思います。

    あまり良いお答えができなくて恐縮ですが、少しでもコッシーさんのお気持ちが落ち着くような手助けができていたら嬉しいです。
    また、いつでもご相談くださいね。
    続きを読む
    • 投稿日時2021.6.27 22:30
      コッシーのアバター画像

      コッシー 20代
      プロフィールを見る

      回答ありがとうございます。
      たしかに、種類関係なく苦手なものは苦手ですよね。
      虫が平気とか、気にしない性格の方からはよく、考えすぎだとか、たいしたことないとか言われますが、そうじゃないんですよね。あなたも苦手なものあるんじゃないの?と逆に聞きたくなります。

      旦那さんも苦手なんですね。
      苦手同士だとどちらかが勇気を出して対処しないといけなくなるので大変ですよね。
      私の友達がましかどうかはわかりません(笑)
      回答者様の勇気は素晴らしいです。

      あれから友達とは連絡を取っていません。
      向こうは、謝ってきたり、もう一度出向くと言われましたが、それならあの時さっさと処理してくれたらそれで良かったという怒りが込み上げるので何も言い返してないです。
      友達どういう風に反省しているかは知らないけど、しばらく連絡を取らないと思います
      続きを読む
    • 投稿日時2021.6.27 23:01
      花のアバター画像

      メンター30代 女性
      プロフィールを見る

      コッシーさん、こんばんは。
      苦手だということを、軽く遇らう人を信頼できませんよね。
      コッシーさんのお友達と距離を取る判断は間違えてないと思います。

      それと私の勇気を称えてくれてありがとうございます‥!
      誰にも何も言われてもらえず、寂しかったので嬉しかったです。
      私の方がコッシーさんに救われてますね笑
      また、いつでもお話しにきてくださいね。
      続きを読む
  • 投稿日時2021.7.16 19:24
    せとかのアバター画像

    メンター せとか 60代 子供のころは美少年
    プロフィールを見る

    特に私は、虫が苦手でもなんでも無いですが、コッシーさんのお気持ちは、理解できます。
    こちらをご投稿された時のコッシーさんのお気持ちは、
    1.見えていて嫌悪を覚えていた虫が、今はどこに行ったのかも分からないまま、でも天井照明の中にはまだ潜んでいるのでは?という恐怖と、
    2.せっかくお礼まで用意して、助けを呼んだ友人に中途半端な仕事をされたことへの残念無念な気持ち。
    3.来てくれたことには感謝したいが、仕事を完遂することなくお礼だけ先取りしたお友達から、かえって受けてしまった非難による失望…
    それらが、綯い交ぜになっておられたのではないかと感じました。

    今はいかがでしょうか?コッシーさんのお腹の虫は、まだおさまりませんか?

    1.については、ライトの中のどこかに隠れていても、そろそろ水も切れて、虫の生命も、終わっている頃かもと、私は思っています。
    2.3.についてですが、そのうち折を見て、「あの時の件だけど…。」と言うか、あるいは「あの虫のいた照明器具だけど、蛍光管を取り替えたいの。まだ怖いけど手伝ってくれない?」と、言ってみるのはどうでしょうか?

    その後のお書き込みを見て、酔いが醒めてから、お友達もちょっと後悔したのでは?と思いましたが、その後も、連絡はなさっていませんか?

    コッシーさんのような義理堅い方でしたら、今後は、お礼は、依頼がどうなったかをコッシーさんが判断なさったてから、お考えになった方が良いかも知れませんね。

    仕事などでも…信じられないことかも知れませんが、お礼や代金を先にお渡しすると、適当な理由をつけてちゃんと完遂しないという業者さんも、稀でなくいたりするものです。そちらの経験は実は私は何度かしています。
    まぁ、それらの経験は、学びとなって今に生きていると、今だから言えますが、その時は悔しかったなぁ。

    あちらから反省して、もう一度行くと言ってくれた友人は、誠実に思えるくらいですよ。 いかがでしょうか?
    続きを読む
    • 投稿日時2021.7.19 21:42
      コッシーのアバター画像

      コッシー 20代
      プロフィールを見る

      回答ありがとうございます

      あれから虫は勇気を出して自分で取り除きました。そして友達を呼んでしまったことを後悔しました
      でもあの時は本当に助けて欲しかったので、悔しさでいっぱいでした
      気持ちを理解してくださりありがとうございます
      友達とはいまだに連絡をとっていません
      今後もしばらくは連絡しないと思います
      相手はお詫びの気持ちがあったかもしれませんが、それならなぜあの時に処理してくれなかったのかと思ってしまうので、ちょっと放置しています
      続きを読む