くもくものアバター画像

くもくも
プロフィール

30代

自分自身、その考え方が嫌です

閲覧数212 回答返信数1 投稿日時2024.5.27 17:24

親からの精神的支配から抜け出すため1年前から親元をやっと離れて生活し始めました。
心機一転の意味で新しいことにも少しずつチャレンジし、生活もやっと安定してきました。

私は、幼少期の影響かもともと精神的に弱く、自己承認欲求も強いように思います。
ついついSNSを見てしまい、多くの人が自分の才能を持っており、それをたくさんのフォロワーが評価しているのをよく見かけます。それを素晴らしいと思いつつ、心のどこかで”ばかみたい””大したことない”と嘲笑っている自分がいるんです。
それと同時に”私だってもっとすごいことやってやるんだ””見返してやる”と思うのですが、実際の自分はまあまあ怠け者で、本当に才能がある訳でも、とても努力しているわけでもなく非常に気持ち的に苦しくなります。

やっと親から解放され、死にたいと思っても死ねず生かされているのかもしれないのに、私は何も成しえていません。そんな自分が嫌になりますし、そういう考え方も嫌です。
うまく切り替えて生きたいなとも思うのですが、なかなかその矛盾から抜け出せません。
相談内容が分かりにくくて申し訳ございませんが、私のこの嫌な考え方はどうやって折り合いをつければよいのでしょうか?
体験談などありましたら是非教えてほしいです。

回答一覧

  • 投稿日時2024.6.8 16:02
    仙人見習のアバター画像

    メンター 仙人見習 50代
    プロフィールを見る

    くもくもさん

    カフェにようこそいらっしゃいました。

    私自身も、「精神的に弱く、自己承認欲求も強い」以前はそうでした・・
    「怠け者で、本当に才能がある訳でも、とても努力しているわけでもなく非常に気持ち的に苦しくなります」まさに同じです。
    SNSなどない時代でしたが、同年代で成功している人のTVや雑誌をみるとそんな思いでした。
    自分だって・・そんな思いを膨らませながら何も変わってはいない・・

    有期雇用で働いていたので、ある意味転職人生でした。
    わたしは正直、人と係わるのも好きではなく、コミュニケーションも大事とは考えていませんでしたが、ある時、窓口業務もどきの仕事に仕方なく就きました。
    そこでは今で言う、カスハラ、意味が理解できない内容、感謝もされることもがありました。
    その時感じたのは、人っていろいろいるな~ 同じ内容なのに・・と
    私はなんだ、みんな一緒じゃないや、むしろ同じではない・・・・
    “自分は自分でいいんだ”“自分を嫌いな自分がいたっていいんだ!!”“
    そう思い今日に至ります。

    というわたしの経験談でした。


    仙人見習より
    続きを読む