ぽよこのアバター画像

ぽよこ
プロフィール

30代

口の悪い母

閲覧数231 回答返信数2 投稿日時2022.12.1 20:21

母の口の悪さに悩んでます。元々物事を斜めに捉える傾向に加え、思った事を状況構わずダイレクトに言ってしまうところがありお店の人を怒らせるような表現(置いてある雑貨を腐った色と言ったり)をするので友人からも嘘も方便だよと言われた事があります。本人は表裏がなく正直と肯定的に自分を見ているようですが、娘の私に対して自己肯定感を低めるような、例えば私の彼氏の少しユニークなところを病気に例えて安心した嬉しそうな表情をしたり、私の趣味のスキルを馬鹿にし優越感に浸るような表情だったり、そういうのが苦痛で何度も話し合いましたがその度に激怒と無視が始まります。冗談だと本人はいうのですが自分だけ面白く思うのは冗談ではないと言って、少しは気をつけるそぶりはあったものの、やはり元に戻ります。我慢しろと言いますが親目線というには、けなしすぎるし見下げる様な表情がストレスで感情も激しいので疲れます。母を早く亡くしたりで色々あったのでそういうのが原因かもと最近思いますが、元々の性格なところも大きいと思うので諦めて何を言われても無視するしかないでしょうか? 
闘病中で外出も難しいのでどうしても母とだけの関係になりがちです。母も買い物以外は外出しないし父とも仲は良くないです。なので最近は部屋にこもっている方が楽なのでそうしてます。姉はそういう母が苦痛で家を出ています。姉も父も、母とは会話しない方がいいと言って、趣味も買う物も、選ぶ服全部見せるな、と。そうだと思うものの、やはり明るく過ごしたいし、サポートに感謝してるので話しかけたり一緒にドラマを見たり、でもやっぱり母が何か少しでも言葉にする度、うちの子=ダメな子という目線がベースになって言ってるように聞こえてきて「今、どういう意味で言ったの?」と問いただし衝突するばかりです。トラウマが再燃して落ち着かずスルーできないのです。どうしたら、あ〜また言ってるよとスルーできるでしょうか?
一度家から離れアパート住まいをしましたが介護保険の適用に当たらず身の回りのことが難しく母のいる実家に戻りました。その事も頻繁に馬鹿にします。やめてくれと言って、はっと気づく感じです。彼氏の近所の人が手伝ってくれるかもと言ってくれてるので引っ越すのを目標にしてますが、それまでの間、やはり会話を避けるしかないでしょうか?毎日今日は何を言ってくるのか構えてしまいます。

回答一覧

  • 投稿日時2022.12.4 17:52
    ところてんのアバター画像

    メンター ところてん 50代 女性
    プロフィールを見る

    ぽよこさん
    カフェにようこそ。

    お母さんの口の悪さに悩んでいるとのこと。
    私にもそういう人が身近にいるので、ぽよこさんの気持ちがわかるような気がします。他人ならうまく距離を取ることもできるけれど、同居の家族となると話は別ですよね。

    ひとつ言えることは、お母さんの口が悪いのを治す方法はないだろう、ということです。私がぽよこさんの立場だったら、お姉さんやお父さんのように接触する機会をなるべく減らします。ぽよこさんはやさしい方なので、なんとかうまく関わりたいとお考えのようですが、自分の心の平安を守るためには、ここまでは折れる、だけどそれ以上は折り合わない、という線引きが必要なのではないでしょうか。例えば「挨拶はする、何かしてもらったらお礼はいう。でもそれ以外は関わらない」という具合です。

    もしかすると、お母さんはぽよこさんが嫌な思いをするのを分かっていて(無意識かもしれませんが)ぽよこさんが不快に思うようなことを言っているのかもしれません。そういう人(自分を傷つける人)の相手をするのは時間の無駄ではないでしょうか。

    闘病中とのことですので、今はお身体を回復させることを一番に考えて、可能ならば家族以外の人の力も借りて、引越しされることをお勧めします。逃げるのではなく、自分を守るためです。そのために必要なこと(住む場所、お金、仕事など)を考えたり、誰かに相談にのってもらうようにすれば雑音も入ってこなくなるでしょう。

    家にこもってばかりでは気持ちも沈みがちになるので、可能ならば1日1回、お家の近くをお散歩するのもおすすめです。何でもよいので、ぽよこさんがたのしい気分になることを増やして毎日を過ごしてみてください。そうすればきっと物事が良い方向に進んでいくような気がします。

    ところてん
    続きを読む
    • 投稿日時2022.12.5 19:36
      ぽよこのアバター画像

      ぽよこ 30代
      プロフィールを見る

      ところてん様 直らないと第三者の方からご意見頂き、やっぱりそういうものなんだと心が軽くなりました。おっしゃって下さったように日頃のサポート面の感謝はしつつ、距離を置こうと思います。最近は以前よりは歩行が少し安定してきたので散歩の時間をもう少し長くしてみようと思います。お返事ありがとうございました。
      続きを読む