解決済
まいにちがふわふわのアバター画像

まいにちがふわふわ
プロフィール

20代

私が生きていることで夫が不幸になる

閲覧数367 回答返信数3 投稿日時2021.8.28 15:42

タイトルの通りです。
具体的には私が物を失くして怒らせたり、私がストーカーに遭っている(警察にも相談していますが対処してくれない)ことで対処で時間や精神を削られています。
あとは、私の家族との不仲で精神が削られる。
私って生きてる意味あるのかなって思って、本当は私なんかと結婚しなければ夫は幸せだったんじゃないかと思います。
夫のために、死ぬべきなんじゃないかなって最近強く思うんです。
そうしたらストーカーからもう危害を加えられないし、生活のことで怒ったりしないし。
離婚はしないって言われてるから、死ぬしかないのかなって。
でもこれを言うと夫は凄く怒ります。
幸せになるベストな選択が私には全くわかりません。
もし何か死ぬ以外で良い方法があったら教えてください。
死ぬことがベストじゃないなんてわかってるけど、わからない。
もう家族やストーカーのことや日々の生活のことで夫に負担をかけたくない。

回答一覧

  • 解決
    投稿日時2021.8.30 21:29
    せとかのアバター画像

    メンター せとか 60代 子供のころは美少年
    プロフィールを見る

    まいにちがふわふわさん、
    カフェにようこそ。深夜マスターせとかです。

    読ませていただき…心身共にお疲れのご様子が、手に取るように分かります…。
    まさにお言葉通り、気持ちが削られているのですよね。
    そして、それをご夫妻で乗り越えようとなさる(素晴らしい!)のだけど、そんなこと誰にとってもすぐ慣れるものでは無く、時間と気力,労力をとられる結果、物を無くしてしまったり、だいじな用事もフッと忘れてしまったり。で、大切な人が怒る…それは当然起きうる事です。

    ストーカーや嫌がらせ行為の類って、本当に警察に動いてもらいにくいものですね。こんなに嫌なのに、どうして困る生活を続けなければならないのか?
    身の危険も感じるのに、なぜ止めさせることが出来ないのか?当事者のお二人にとっては、社会の無力さに苛立ちを感じる日々かも知れません。
    確かに、警察にとっても、具体的な被害が起きるまで、どう対処して良いやら、難しいだろうとは分かるのですが…。被害が起きてからでは遅いのに、いつ証拠をつかめるか分からないしと見回りの強化くらい?…、ご親戚にも相談できない…。お察しします。

    男性でも女性でも、強く執着してのつきまといは有るようで、私事ですが、学生時代にストーカー被害を受けました。その頃は対策を考えたり、普段注意して過ごすほかに、心理学の先生の助言で〈嫌な気分になったら、洗濯物にアイロンをかける〉というのを決め、機械的にマジに無心でやっていました。少なくとも、最低の状況が生む、その後の最良の効果でした。
    すると、嫌な気分が生んだ、次の日の自分のピシッとしたシャツと清潔感のあるハンカチ…それは、結果的に不思議と私に人生への自信をくれました。

    そういえば、病気の宣告を受けた日も、ふと夜中にアイロン台を出していましたっけ…
    何か決めてやってみた…というのが、心が落ち込まないで乗り越えられる対処法だったのかなと、今になれば思います。

    どんな事でも良いのです、お部屋に花を飾るとか、美味しい食事を作る…そういうことを少しずつ出来る範囲でやって、日々の生活の中でご自分たちの時間を少しでも多く取り戻してゆければ勝ちかと思います。
    まいにちがふわふわさん、せっかくいらして下さったのに、こんなとりとめのない、つたない話で、ごめんなさい。これに懲りずぜひまた、こちらで、お話してください。
    続きを読む
    • 投稿日時2021.9.3 21:31
      まいにちがふわふわのアバター画像

      まいにちがふわふわ 20代
      プロフィールを見る

      ご回答ありがとうございます。
      私も心を落ち着けていけたらよいなと思いました。
    • 投稿日時2021.9.18 15:32
      せとかのアバター画像

      メンター せとか 60代 子供のころは美少年
      プロフィールを見る

      まいにちがふわふわさん、

      困りごとに見舞われている渦中では、本当に落ち着かず、気が気でないことと存じます。
      多少の失敗なんか、するのは当たり前です。本当はご夫君も、そういった事はお分かりでしょう。でもご夫君も、疲れていたりしますよね。たいへんです…お察しします。

      何より、お二人とも、ご健康にはお気をつけてお過ごしください。
      続きを読む